co.houyhnhnm.jp
CHOKKAKU SHIBUYA OFFICIAL WEB

b

インタビューのコツ

インタビュー取材をしているときに、僕はよくボケーッと黙ってしまう。こちらが喋ることを完全に放棄しているのだから、きっと相手が喋りだすに違いないという、プロのテクニックである。このテクニックが生まれるには時間がかかった。最初は理由もなくただボケーッと黙っていただけで終わらせていたのだが、「あ、これをテクニックだということにすればいい」と啓示が降りてきたのである。「テクニックはあとからついてくるものだ」という話をよく耳にするので、「これもたぶん、同じだろう」と考えたのだ。もちろん、プロなので、ただボケーッとしているわけではない。ぜんぜん関係ないことを考えてボケーッとしている。強靭な意志をもって、「このあと何を食べようか」「夜中にチャンピオンズリーグあるの楽しみだな」「あっ、俺、こんなところにホクロがあるんだあ」などと真剣に思考しつつ、相手の出方を待つ。すると相手が僕に対して何かを悟るのだろう、驚くほどスムーズに喋ってくれるのだ。おかげで取材も予定時間を大幅に短縮できる。ウィンウィンである。僕のような人間がビジネスマンになったら、さぞかし業績も一直線に下っていくことが期待できる。きっと迷いのない、美しい折れ線グラフが出来るだろう。その後、なぜか同じ人の取材を頼まれることは二度とないし、「あの人にまた会いたいなあ」と編集さんに言っても、なぜか気まずそうな表情を浮かべているだけなのだが、それはおそらく偶然だ。なにせ日本には1億人もの人間がいるのだ。確率的に一期一会なのも当然である。編集さんも元々が気まずそうな顔つきをしているだけに違いない。だが、キャリアがそこそこ長いくせに「芸能人の友達」なんてものがいっこうに出来ないのは、ひょっとしたら二回と取材できないのが原因かもしれない。もう一度会えば、僕にもウジャウジャ友達ができたろうに。残念だ。

とはいえ、ライターさんには「取材して、いっぺんで仲良くなったよ」という方もいる。「取材おわりに、飲みに行ったよ」などと言う。僕にはとても考えられないことだ。いったい、仕事というものを何だと考えているのか。そもそも芸能人というものは、ほとんどの場合取材終わりにはこちらを見て呆れた顔をしているか、もしくは「こんなんで記事になるのかな…」という疑惑の目を向けてくるのが普通である。とてもそれまでのことをすっかり忘れて「飲みにでも、行きますかぁ!」なんて言えるような雰囲気にはならない。僕の経験上、ほとんどの芸能人がそのタイプである、との統計が出ている。そんな相手と仲良くなるなんて、にわかには信じられない。一体、どんな裏技を使っているのか。

よく観察してみると、そういうライターさんは「面白い」が口癖だということに気づいた。相手の言うことに「それ面白い!」「面白いなあ…」と、まるで相槌のような頻度で合間に挟み込んでいくのである。なるほど、確かに、それだけ面白い面白いと何度も言われたら、話しているほうも気分が良い。「もっと喋りたい」と思うに違いない。そして、本当に面白そうな顔をしているのだろう。インタビューとは会話をするだけでなく、そんな相手の心のマッサージもしながら、本音をじわじわと引き出していく。そうして距離を縮めていくのだ。毎回、相手の話なんておかまいなし、もっと自分の未来とかを相談したい、もしくは「誰と誰が仲が悪い」といった芸能ゴシップ以外は興味がないという純粋な姿勢でインタビューにのぞんでいた自分には、まったく出てこない発想であった。18年近くライターをやっているが、いくつになっても日々勉強である。

僕も早速取り入れて、まずはプライベートで使ってみようと思った。飲み会で、相手のほぼすべての発言に「それは面白い!」「カーッ!やっぱ面白いっスね!」と相槌を打つ。できるだけ細かく挟み込んでみた。こういうものは質より量である。ドラムだって「オカズ」が多いほうが派手だし、グルーヴィーな効果が望めるだろう。会話も一種の音楽である。なるべく軽やかに、なるべくオーバーに、むしろ相手が喋る前から「面白いなあそれ!」と入れていく。しかし、相手は喜ぶどころか、黙ってこちらを睨みつけてくるだけだったのである。話が違うじゃないか。やはり、不慣れなことはやるべきではなかったのかもしれない。相手の話していた内容が深刻な離婚話で、そのストレスで病気になってしまったという悩み相談だったのだが、それはたぶん事の本質とは関係ないと思う。つくづく、会話というのは難しいものである。

 

※画像は、女優の広瀬すずさんが描いてくれた僕の似顔絵である。『Hanako FOR MEN』という雑誌で連載している、アイドルや女優さんのインタビュー連載で描いてもらったものだが、もはや話を訊くことすらアレで、似顔絵を(ムリヤリ)描いてもらっている。そうすると、こちらも喋らずに女優さんを見つめているだけでいい、ということに気づいたのだ。そして出来上がった、まるで青木雄二先生作品の登場人物のようなタッチの自分。最高だ。映画『海街Diary』を楽しみにしている。

 

 

Posted by

こフイナムはメンバーの更新シーズンは終了しております! シメのため、基本的に僕だけチョロチョロと書いていきます。サッカーのアディショナル・タイムみたいな感じでっす! http://www.shibuyachokkaku.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼくのミステリー

だいたい家でひたすら仕事しているので、玄関にいわゆる「アレ」の「勧めて誘う的なやつ」がよく来る。

 mis001

なんだかこういう、エレガントな感じの格好した妙齢の女性が立っていて、「私たちのパンフレット的なものを是非〜」みたいなお話をされる。いつもドアの小窓から「あ〜、大丈夫っす!!」(気持ち大声で)と言って強制終了させているのだが、それでも何度も来るので割と困る。

こないだはちょうど打ち合わせに行くときで、家のドアを開けた瞬間に鉢合わせた。しかもその日はナイスミドルな男性と二人連れ。なんでかわからないが、僕も「うわ、ヤベ」などと思ってしまった。

mis002

でも向こうも不意打ちだったのか、(あ、ヤベ)(どうしよ…、声かけようかな…)(でもこの人、今出かける感満載だしな…)的なまごまごした感じ。ぼくは速攻、会釈のようなうなづきをしてドアのカギをかけ、降りて行く。

(立ち話とかになったらヤバかったもんな〜。逆にラッキー?)などと思いながらマンションを出たのだが、忘れ物をしたことに気づいた。取りに戻らなきゃいけないが、そこであの二人に(あ、戻ってきた! 話しかけよう! 誘おう!)となったらツライ。でも戻らざるを得ない。そうなったら「急いでるんで!!」(気持ち大声で)パターンしかないだろう。

で、ぼくの部屋は3階で、階段をのぼっていくと、2階にあの二人がいた。

mis003

 

(お、よかった)と少し思った。きっと、3階の住人は誰も出なかったのだろう。安心して、ぼくは3階にのぼる。

 

mis003

二人がいる。

え!? あれ? どういうこと!? い、今2階にいたよな?? さっき! 不思議に思い、2階に降りてみた。

 

mis004

2階にもいる。

「そんなバカな」と。「見間違いかな?」と。で、3階に再び、おそるおそるのぼってみる。

 

mis005

やっぱいるわ…。

まさか、そんなハズは…。いや、でも、もしかしたら…と思って、4階にのぼってみた(ウチは4階建て)。

 

 

IMG_20141118_0004 のコピー

いるううううう〜っ!!!!!!!

 

何コレ!!? 『マッピー』か!!??

 

10094445772_s

↑『マッピー』(ナムコ、現バンダイナムコゲームス)

 マッピーの気分ってこんな感じなのか!!?

もう意味がわからなすぎて、忘れ物だけ取って、速攻出て行ってしまった。この場から逃げなきゃマズイ! って感じで。

 

だって、考えれば考えるほど、

mis007

mis008

こういうことじゃないの!??

確かめるのもなんかコワイし、なんのアレの誘い的なのかもわからないのでアレですが、まあ、触らぬアレにアレはなし! アレはアレで、あんまアレしないほうがアレだろう、というアレにしておきます! これがぼくのミステリーです〜!!!(笑顔で)

今日はサッカー日本代表のオーストラリア戦ですね! 誇りを胸に! がんばれ、ニッポン!!

 

……こんなネタ、大丈夫なのかな…。ダメそうだったら消します。

 

Posted by

こフイナムはメンバーの更新シーズンは終了しております! シメのため、基本的に僕だけチョロチョロと書いていきます。サッカーのアディショナル・タイムみたいな感じでっす! http://www.shibuyachokkaku.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_20141105_0005 のコピー

THE更新つぶし

上の画像は、昭和36年の祐天寺駅である。

木造2階建て。モダンでかわいい駅だ。昔はこんなだったらしい。

 こういう、「今のアレは、昔、こうでした」的な写真に、ものすごく興奮してしまう。

 

 

yutenji

画像は『東急の駅 今昔・昭和の面影』(JTBパブリッシング)という本から使った。これを見ると、

 

IMG_20141105_0003 のコピー

わ、代官山、ちっちゃい!

 

IMG_20141105_0002 のコピー

中目黒すげえ地味!

 

IMG_20141105_0007 のコピー

新丸子、すげースタイリッシュ!

 

GAKU

学芸大学、超ビンボくせぇ〜!!

などと、ものすごいテンションがあがる。

 

toyoko

記念キップもキャーキャー言いながら見る。(※画像すべて、クリックで大きくなります)

生きてもいない時代のものにノスタルジーを感じるのか。結局、古いもの大好き人間なのか。ちょっとセンチメンタルなノリなのは、祐天寺駅前の、行きつけのケーキ屋さん『フローラ』が先月、閉店してしまったからだ。

 

DSC_0098

↑最終日のようす

フローラは創業80年という物凄い老舗で、画像の祐天寺駅よりも古い。店頭販売のケーキは、いちごのショートケーキやチーズケーキなど、オーソドックスな種類のものばかり。ふつうのケーキ屋さん。ただ、注文して作ってくれるオリジナルケーキがちょっと尋常じゃないことになっていた。

 店内に喫茶スペースがあるので、編集さんとの打ち合わせのときに物凄く活用していた。メニューが『くまのプーさん』の英語の絵本の各ページの上から、紙に書いたメニューをセロテープでベタベタに貼ったものを渡される。「英語の絵本」というところに、なにかプライドを感じる。

飲み物と、サンドウィッチやナポリタン・スパゲティなどの軽食。たぶん地元の、ぜんぜん派手じゃない、まじめそうな女子高生がいつもバイトしているのもよかった。客は地元のおじさん、おばさまばかり。ひたすら、「どうってことのない」感じ。その「どうってことなさ」が良かった。だが、どうってことないから難しくなってしまったのかもしれない。

難点は、BGMが一時期、スタイル・カウンシルの『カフェ・ブリュ』というアルバムだけを延々エンドレスでかけていて、あの名盤が少し嫌いになったことぐらい。好きな店だった。

 あまり店がなくなって寂しい気分になることが少ないタイプだが、『フローラ』のときは少し寂しくなった。何より打ち合わせする場所がまたひとつ減った。

街は移ろい、店はやがて消えていく。

秋の恋のように。

 

……何を言っているのだ。

 

祐天寺にはもつ焼きの「忠弥」、中華の「来々軒」、串揚げの「和泉」、鰻の「寿平」、和菓子の「越路」など、古い店が多い。これらもいずれ消えていくのだろうか。画像の『フローラ』の上、とんかつの「香村」に貼ってある、おぼんこぼんのサイン色紙がめちゃくちゃカワイイので、見てみてほしい。(←情報)

なんにせよ、電車の本、ものすごいヒマつぶしになるのでオススメします。このシリーズ、たくさん出ているので、みなさんの近隣の路線のやつもあるかもしれません。

 

Posted by

こフイナムはメンバーの更新シーズンは終了しております! シメのため、基本的に僕だけチョロチョロと書いていきます。サッカーのアディショナル・タイムみたいな感じでっす! http://www.shibuyachokkaku.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_20141028_0001 のコピー

OMAKE no いっぽ

学生時代にフリーペーパーを作っていたこともあり、ミニコミやフリペは今でも好きで、店先などに置いてあると必ず見るし、面白そうなのは持ち帰っている。

特に好きなのは、「あんまプロっぽくないやつ」だ。基本的にぜんぶ手書きとか、写真も文章も切り貼りとか、完全に「NOイラレ! NOフォトショ! NOインデザ! なぜなら高いから!」とばかりのDIYな作りだと最高だ。「欠点を情熱で補うぞ!」的なイキオイが誌面の端々ににじみ出るからである。見た目の完成度やスタイリッシュさより、もう「形にしたくてしょうがない」という気持ちが読みたい。

『OMAKE no いっぽ』は、かなりその条件を満たしているフリーペーパーだ。目黒区内の図書館ならどこにでも置いてある、YA(ヤングアダルト)向け広報誌。おそらく中学生、高校生、大学生が編集部員となって作っていて、現在83号。……スゲー作ってるな。何にしても、その「学生が作ってる感」が最高なのだ。

 

IMG_20141028_0002 のコピー

表紙からして、イイ。目次の「サブカル」が頼もしい。(※画像をクリックすると大きくなります!)

 

IMG_20141028_0003 のコピー

裏表紙のデザイン、イラストも最高だ(なんだかよくわからなくて)。

 

IMG_20141028_0004 のコピー

IMG_20141028_0005 のコピー

編集委員をみんなで紹介するページなどは、ものすごい楽しそうである。『げんしけん』のような世界を想像してしまい、「青春!」って感じで羨ましくなる。(いろいろあるんだろうな…)などと勝手に想像して、甘酸っぱい気持ちにすら。

だが、毎号、最後のほうにある「編集後記」のページはやけに暗い。「人生のツケが倍返し!!されている。」「何とか、生きてマス…。」「人は、なぜ生きるのかしら…」などとみんなが書いている81号の編集後記は、他人事ながら少し心配になった。

毎号メインの特集があって、テーマも「受験、就活を応援」的なものから、「○○はじめました」「黒歴史」「おすすめの旅行先」「すてきキャラ大集合」「魚」など、かなり自由。編集部員が思い思いのことを書き綴っている。

しかし、バックナンバーを読んでいると、やけに恐竜についての記事が多い。一人だけ、テーマにムリヤリ合わせて、必ず恐竜についてのコラムをブッ込んでくる執筆者がいるのだ。

「おすすめの旅行先」特集では福井の恐竜博物館を推薦、「残念なこと」特集では、イマイチだった恐竜展についての義憤、「受験、就活、応援!」特集では、恐竜が出てくるゲームの話(なぜ…?)。「私の本気」特集では、千葉と横浜で行なわれる恐竜博に向けて自分の体調管理の話……。

 

IMG_20141028_0006 のコピー

IMG_20141028_0007 のコピー

※他の人のコラムにも、関係なく恐竜イラストをブッコミ

とにかく、ちょっと尋常じゃないほど恐竜が好きなんだな、恐竜の絵を描くのも、ものすごい好きなんだな、というのはビンビン伝わってくる。

そしてとうとう、『OMAKE no いっぽ』第76号で、「恐竜4コマ」の連載マンガまで始めるのだ!!

 

IMG_20141028_0008 のコピー

もはや文章だけじゃ伝えきれない! マンガにもしなきゃ! ということなのか。毎号、巻末に恐竜4コマ。しかも割とほのぼの系。これが『スピリッツ』なら、相原コージ先生、吉田戦車先生のポジションである。そして、特集でも変わらず恐竜コラムをブッコミ続ける。こうなってくると、この執筆者一人のパワーによって、半ば恐竜雑誌に思えてくるほど恐竜色が濃くなってくる。

 

それなのに、81号で、恐竜4コマは突然、連載終了してしまうのである。

(やはり、あまりにも恐竜すぎたのかな…)(みんなから、いいかげん恐竜ネタは…、とクレームが入ったのかな…)などと考えたのだが、下に終了の理由が書かれていた。

 

「最近、イラストレーターとしてデビューしまして、この恐竜4コマは、とあるWebサイトで連載することになりました。」

 

えええ〜〜〜っ!!!?

これには、『OMAKE no いっぽ』愛読者の僕も、ちょっと感動してしまった。「うおおお…!?」と声が出た。「デビューした」ということは、「原稿料をもらっている」ということだろう。「プロ」になった、ということだ。目黒区の図書館でしか手に入らないフリペで、実直なまでに恐竜愛をひたすら書き綴り、そのまま恐竜ネタでプロになってしまったのだ。しかも連載をそのまま他へ移籍!? 『ブラックジャックによろしく』以来の大事件である(言い過ぎ)。

何だコイツ、めっちゃカッコイイじゃん! と思った。「あまりプロっぽくない」フリペを読んでいたら、そこからプロが誕生した、というカタルシス。やっぱ情熱…、という話になるんですかね?

※思わず検索したら、こんなサイトだった。

化石や恐竜グッズを扱うお店のサイト。もう、骨の髄まで!

Posted by

こフイナムはメンバーの更新シーズンは終了しております! シメのため、基本的に僕だけチョロチョロと書いていきます。サッカーのアディショナル・タイムみたいな感じでっす! http://www.shibuyachokkaku.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
nanpa

ナンパシール2

前回

「シール作るだけ」とはいえ、やはりナンパというのは勇気がいるものだ。街角スナップの取材で、歩いている人に声をかけるのすら、仕事だとわかっていてもつらい。でもそういうのは、最初の一歩がかんじんで、やってみると「意外とできるもんだ」などと自信がついて、勇気が出てくるもの。いずれは書店に偶然いたアイドルにも声をかけることができるかもしれん(無理)。

「そうだ、能町みね子さんと名古屋でトークショーがあるじゃん」と気づいた。そのときに一緒にシール作って、来てくれた人に配ったらいい。喜んでくれるかはしらないけど。能町さんとそのイベントについてメールのやり取りをしてるときに、「よかったら、シール作ってくれません?」とブッこんでみたら、OKをもらえた。よかった。断りにくかっただけかもしれないが。

でも、いざ作ろうとなると、「……何を描けばいいんだ?」という問題になる。一緒にひとつの絵を描く、という方法もあるが、人によっては難しい(あと、僕の画力によって、相手の絵をスゲー台なしにしちゃう、という不安も…)。ここはやっぱり、各々が描いたのを一枚に、という方がベターだ。テーマを決めてお互い描くことにしよう。で、キリトリ線つけて、個別でも使えるように。

 

なんだかんだで、テーマは「かわいいもの」に決まった。「かわいいシールを作ろう」と。それで、能町さんから届いた絵が、コレだ。

 

 oneesan

 

……かわいい。

かわいいけど、意味がわからない。能町さんが4歳の頃に描いたマンガの1コマだという。「かわいかったので」とメールに添えてあった。

こう来たか〜! で、僕が描いたのが、

 

 

 

otsuri

何だこれは。

僕の考えた「かわいい」もの。「切り身ちゃん」みたいにならねえかな…と思って(無理)。

 

んで、結果、

 

DSC_0097

 

なんだか、ものすごい不思議なシールができた…!!!

 

ということで、最初のナンパシールは能町さん。トークショー、前日ギリギリにできた(イベントに来られない人にも手に入るように、後々アレします)。

 今日のイベントにいらっしゃる方には、ムリヤリ渡します!! たとえイヤだと言われても!

Posted by

こフイナムはメンバーの更新シーズンは終了しております! シメのため、基本的に僕だけチョロチョロと書いていきます。サッカーのアディショナル・タイムみたいな感じでっす! http://www.shibuyachokkaku.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
nanpa

ナンパシール

ある時、「自分には、これといって趣味と呼べるものがないな」と気づき、「何か一つくらい、趣味が欲しいな」と考えた。それで、「ナンパシール」というのはどうだ? と思いついたのである。「ヘイ彼女、お茶飲まない?」的なノリで、「ねえ、一緒にシール作ってくれない?」と、絵を描ける人に声をかけていくのだ。性別もジャンルも関係なく。そして、絵を描いてもらって、僕も絵を描いて、それをシールにして、ジャンジャカみんなに配ったら、すごく楽しい趣味になるんじゃないか、と思ったのだ。いろんな人と作れたら、いろんな絵柄のシールができて、それは特別なコレクションにもなる。もちろんナンパなので、シールを作ったらそれでサヨナラ。行きずりのシール作り。一枚限りのアバンチュール。「ナンパ」という概念を…え〜と…、アレ。ポストモダン化するのである(意味わかってない)。そしたら結果的に、「僕の趣味:ナンパ」になる、っていう……。嫌だな、それ。どんなヤツだ。どこへ向かっているのだ。わからないが、そんな趣味の記録をここでつけていく。「直角のナンパシール」だ。

Posted by

こフイナムはメンバーの更新シーズンは終了しております! シメのため、基本的に僕だけチョロチョロと書いていきます。サッカーのアディショナル・タイムみたいな感じでっす! http://www.shibuyachokkaku.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
unnamed

こフイナムです。

テストテスト。はじまります〜。
みなみなさま、よろしくお願いします!!!

Posted by

こフイナムはメンバーの更新シーズンは終了しております! シメのため、基本的に僕だけチョロチョロと書いていきます。サッカーのアディショナル・タイムみたいな感じでっす! http://www.shibuyachokkaku.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Presented by

HOUYHNHNM

© Rhino Inc.

TOP