co.houyhnhnm.jp
CHOKKAKU SHIBUYA OFFICIAL WEB

168A3655

ライオン殺し:Harpagophytum procumbens

そのいかにも頑強そうな鉤爪は"百獣の王"も引き裂くというハルパゴフィツムの実。

踏んでしまうとライオンの足すら貫き、噛みついて実を足から引き抜こうとすれば、今度はたちまち口の中が引き裂さかれる。口内の激痛に何も食べることができなくなったライオンは日に日に衰弱して、死ぬ。その骸のあとには、ハルパゴフィツムの勢いのある若々しいコロニーが現れるのだ。

と、この手の"逸話"は、ついつい身を乗り出してきいてしまうのだけど、常にライオンを殺して繁殖しているわけではもちろんない。なかにはそういう例もあった、という程度の話だ。前回紹介した「悪魔の実」も然り。おそらく、鋭い鉤爪は、動物の体毛などに絡みついて遠くへ運ばれるために進化したものだろう。

さて、じつは"ライオン殺し"の異名を持つ木の実は、もうひとつ存在する。これもまたおおげさな逸話にもとづいた異名なのだろう、と高をくくって不用意に触れてしまった結果、まんまと血祭りにあげられてしまった話は、また今度。

Posted by

フリーランス編集者。 関東と関西の半々暮らし。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Presented by

HOUYHNHNM

© Rhino Inc.

TOP