co.houyhnhnm.jp
CHOKKAKU SHIBUYA OFFICIAL WEB

curry

カレーの島田[9]

先日、カレーの島田さんとカレーを食べていたとき
スプーンですくいそこねて床に落としたライスを
島田さんが手で拾って食べたんです。

「えっ食べるの? 表面が乾いてるもんだったらいいけど、
  ライスは水分でホコリとか全部くっついてくるよ!」

そう言うと島田さんは表情ひとつ変えず


インドでは
 あたりまえのことです



って言うんですよ。


っていうか島田さんは何かハプニングがあると
インドではよくあることだと言うんですよ。

たまに聞くと違和感ないんだけど
僕ぐらい長く一緒にカレーを食べてると
いろんなところで“インド”をはさんでくるなって
思うことがあって、これは勝手な憶測なんですが

どうもカレーが好きすぎて
インドの国民性を心の支えにしてるふしがあるんですね。



この前も二人で西葛西の店でカレーを食べてたとき
店内は全員インド人で日本人は僕らだけ、
料理を注文して待っていると
何の前触れもなくテレビカメラが店に入ってきて
店内を撮影しはじめたんです。

「えっ何? どういうこと?」

スタッフ数人を引き連れた大きなカメラ、
店内を歩き回って色々な角度で黙々と撮影してるけど
そのスタッフからは何の説明もない。
客も店主もインド人だからか気にすることなく
いつものように食事をし、カメラに向かって笑顔で応え、
そこに違和感を感じてる自分らが非常識のような空気で
終始なごやかなムードで撮影が進んでて……

「なんかの番組なのかな……」と

島田さんに話しかけたら

「むっ無断で、ささっ撮影は、しっ失礼ですよ……」

人見知りの島田さんは小刻みに震えながら顔を赤らめ
カメラがこっちにくるんじゃないかと
緊張がピークに達しピリピリしてて……。

一方、テレビカメラは店内を一通り撮影し終え
今度は料理を食べている客をアップで撮り始めだして……。

「これカメラこっち来るんじゃないの……」

インド人は終始笑顔、僕らに気づいたテレビカメラは
案の定、当然のように流れでこちらにやって来た瞬間、
島田さんが僕の顔をグッと見つめ



これがインドです
 我慢しましょう




って言ったんですよ。


島田さん撮影してるの日本人だからインド関係ないよ!
逆にこの人達インドの国民性を利用してるよ!と
心の中で思ったんですが島田さんのインド愛を
大切にしたかったので何も言いませんでした。

「自分はこのあとちょっと用事(←多分カレーのハシゴ)
  がありますので失礼します。」

店の前で島田さんと別れたあと、
結局その映像はどこで流れたのか全くわからず、
あれはなんだったんだ……と思いながら
インドだとよくあることだからと納得し
東京のインド西葛西をあとにしたのでした。





そんな謎の出来事があった西葛西のレカさんは
インドの家庭料理が食べられるお店です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
印度家庭料理  レカ
住  所:東京都江戸川区西葛西3-22-6-110 小島団地内商店街 1F
電  話: 03-5878-1896

営業時間: 火〜日 ランチ 11:30~14:30(L.O14:30)
      火〜土 ディナー 17:30~21:30(L.O21:30)


定休日 :月曜日
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

reka

店主の人柄もよく、どの料理も丁寧でとても美味しいです。
料理を作っているレカのママが体調不良のため
4月現在はメニューの品数を減らしてる模様。
西葛西はインド人コミュニティーの中心地なので
店内はインド人が多く、のんびりした雰囲気も楽しめます。
日曜はディナーがお休みなので注意。



写真まんがひみつ文庫という一般販売はせず図書館でのみ観覧できる本です。このひみつシリーズは上記写真カレーのひみつのほか、正露丸のひみつ牛丼のひみつ宅配ピザのひみつなど、さほど知りたくないひみつも充実しているので興味のある方は図書館に行ってみて下さい。

Posted by

1974年生まれ。 http://www.mikiji.tv/ 2015年夏からスタートする動物雑貨ブランドcoquille(コキール)のアートディレクションを担当。 [近況]●発売中のデイトナ最新号にC級スニーカー(ヴィンテージマイナースニーカー)コレクターとしてインタビューが掲載されてます。あと、GINZAにとんかつを食べるときに男は何を考えるのか!っていう文章書いてます。あと、小学館のビッグコミックオリジナル阪神タイガース増刊号にて「阪神応援半生激白座談会」に参加してます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
why_curry

カレーの島田[番外編]

代官山の蔦屋書店にて『フイナム・アンプラグド』の
創刊フェア開催中(14日まで)!

そこで、WHYTROPHYさん協力のもと
こフイナム連載陣がデザインした
オリジナルロゼットを販売することになりました。

さて何を作ろうか……難しいですよね。
自分が欲しいロゼットを作ればいいと思うんですけど
その自然な行為が結果的にセンスがイイっていわれたりして、
あふれてるって…、才能があふれてるよって、
コーラにメントスいれたみたいだねって、
「フイナム・アンプラグド」関係者ならびに読者に
僕のネイティブな一面がそうおもわれたりして………フフッ


はっ! 

いかん!忘れてたっぁ!


なんとしてもここで稼がなくては!
先日のC&Cでの自腹3万をとりかえしたい!
露骨に取り返したい!

あの無駄な3万を…無意味な3万を!
無味無臭な3万を!!僕は取り返したいんです!!!

代官山の蔦屋書店さんに遊びにきた
罪のないみなさんのおサイフの中から
華麗にお金を奪い去りたいんです!
みなさんのおサイフからでないとイヤなんです!


そうだ!ここはカレーというコンテンツに頼ろう!
カレーロゼットだ!それしかない!




と、いうことで何かいいアイデアはないか
カレーの島田さんに電話で相談してみた。





「もしもし、あっ島田さん?実は今度、蔦谷でね…」

「はい。津多屋、仕出し弁当の、上石神井に唯一
  カレー専門の実店舗があった、つぶれましたけど」

「いっいや…そっちの津多屋でなくて、
  レンタルとか書店の蔦谷のほうでね…」

「あっ失礼しました!蔦谷のはい」

「そうそう、で今度こフイナムでね…」

「はいはい、ゴヴィンダス、船堀の?」

「違う違う、こフイナム!」

「ああっ失礼しました、こフイナムのはい」

「そうそう、そこでロゼットってあるでしょ?」

「ロゼ?ロッダじゃなくて?ロッダグループ、
  大阪ドーム前の、スリランカ料理の?」

「や…なっなんで?全然伝わらないけど……
  もういいわ、ようはそのC&Cに向けての
  オマージュジュロゼットをね、作ろうかと思って、
  島田さんの中でチェーン店カレーで好きなのって
  C&Cじゃん?」

「わしやです(食い気味に)

「えっ?」

お総菜のわしやのカレーが好きです」

「おぅうん…そっそうなの?
  もうそこは全店舗制覇したんだからC&Cで
  いいんじゃないかな?ブレるから……」


とっいうわけで島田さんに聞いた僕がバカだったので
勝手に作る事にしました。


これだ!

500curry
「カレー好きをこっそりアピールするロゼット」
またの名を「C&C小黒川PA440円ポークカレーロゼット」


 15_0408b

一瞬見た感じ、なんかのマークかな?と思わせておいて
近くにいくと皿に盛られたカレーライスを上から見た絵面!
ライスの中にはシークレット米粒文字が
こっそり炊かれて描かれています!


他の連載陣のロゼットもたくさんそろっているので
お近くにお越しの際は是非!何度もいうけど14日まで!

IMG_5827

 

Posted by

1974年生まれ。 http://www.mikiji.tv/ 2015年夏からスタートする動物雑貨ブランドcoquille(コキール)のアートディレクションを担当。 [近況]●発売中のデイトナ最新号にC級スニーカー(ヴィンテージマイナースニーカー)コレクターとしてインタビューが掲載されてます。あと、GINZAにとんかつを食べるときに男は何を考えるのか!っていう文章書いてます。あと、小学館のビッグコミックオリジナル阪神タイガース増刊号にて「阪神応援半生激白座談会」に参加してます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CURYY8

カレーの島田[8]

急に長野県まで車に乗ってカレーを食べにいくと言い出した島田。よほどのカレーとみた永井ミキジは何も聞かず島田の運転する車に乗り込み、そのカレーにありつこうとたくらんだのであった。(詳しくは前編 カレーの島田[7]をご覧下さい。)




ーーーーーーーーーーー行き車中にてーーーーーーーーーーー

西荻窪を出発した僕らの車は調布から中央自動車道に入った。
タイヤがアスファルトを蹴る音と小さく流れるラジオのBGM、
車を運転しながら島田さんは僕を退屈させないために色々な話をしてくれた。

「先日、職場の近くにカレー屋がオープンしたので食べておこうと店に入ったんです。そしたら店内に同じ部署の女子社員たちが偶然いたので少し離れた席に座ったのですが“あっ会社では物静かな人が店に入ってきた。新しくオープンしたお店に一人で来るミーハーな一面があるんだ。”って思われてるんじゃないかと気まずかったです。」

「そうなんだ(笑)気にしすぎじゃない?」

「先日、新宿でカレー煮込みが名物の居酒屋に会社の飲み会で行きまして“ここのカレー煮込みをご飯にかけて食べたい”という長年の夢を話したら、同僚達が酔った勢いで店員さんに頼んで夢があっさり叶ってしまったんです。店員さんにはご迷惑をおかけしてしまいました。」

「そうなんだ、大丈夫なんじゃない?」

「先日、職務質問をされましてカバンの中を見せたのですが色々なスパイスが入っていたので変な誤解を招いてしまったんです。警察の方にはご迷惑をおかけしてしまいました。」

「そうなんだ……」



島田さんのリアルな日常は全てカレーがからんでいた。



談合坂サービスエリアにてトイレ休憩
IMG_4396
エリア内の売店に小仏焼という名物が。島田さんは「名物は食べないとですね」と言っておきながら“オリジナル味”を買わずに“カレー風味”を買っていた。





そうこうしているうちに出発から4時間、僕らは中央自動車道を走り続けて長野県伊那市あたりまで来ていた。島田さんは道路標識を確認し、小黒川パーキングエリアに入り車を駐車場に停めた。



小黒川パーキングエリア
cu



小黒川パーキングエリアは小さな休憩スペースと売店しかない静かな場所だったのでトイレ休憩かな?と思い車を降りたら…


「ミキジさん長旅おつかれさまでした、目的地到着です。」

「えっ到着?まだ高速おりてないけど…」

「はい、ここです。」

「……またまた。」

「いえ……ここです。」

1



「ははっ…ウソだよね?」

「……ここです。」




cu2

ウソだと言ってくれ(涙)






2
カレーショップC&C
京王線沿線を中心に全21店舗を展開するカレーチェーン店
(2015年3月現在)


「やだやだやだ、えっえっ?!なんで?なんで?
  東京にいたら、いつでも食べれるやつだよね?」

「はいカレーショップC&C全21店舗の中で
  唯一行けてなかったのが、なぜか他県にある
  小黒川店だったんです。」

「ほ…ほかの20店舗は行ってるんだ……」

「はい、他の店舗は東京にありますので。」

「そっ…そうなんだ………」



ポークカレー440円
  5


これを食べるために往復8時間、レンタカー代・高速代などなど
3万円をかけた大人の遠足の最大の目玉が終わった。




ーーーーーーーーーーー帰り車中にてーーーーーーーーーーー

C&CはCoffee & Curryの略だとか
今はなくなってしまった高尾店や桜上水店の思い出や
一時期サービス券5枚と引き換えにもらえた
「C&C福袋」に入っていたC&C特製おみくじの話、
新宿本店と新線新宿店は 100メートルと離れてないのに
なぜかルーの味が違う話など帰りの車中も島田さんは
僕を退屈させないためにありとあらゆるC&Cを話してくれた。

今はもっぱら中辛をベースに唐揚げもしくは三元豚かつのトッピング、期間限定メニューがあればそれを食べるそうだ。

渋谷店では期間限定メニューに
屋台風焼きそば&カレーなんてのもあったそうだ……


「カレーにおわりはありません……」

「そうなんだ。(←返事に飽きてる)」



運転をしている島田さんの視線の先は
すでに目的地の東京を超えインドを見ていた。



「まあ…心に引っかかってたものが解消されて良かったよ。
  ところで、小黒川店で食べてみて何か東京の店との違いは
  あった?」

「はい、しいていうなら…」

「お!?うぅん!うん、なになに?」






ドリンクバーは
 珍しいです。


3


「そうなんだ……」






西荻窪でレンタカーを返した後、島田さんが同行してもらったお礼にと連れて行ってくれたお店はラヒ パンジャービー・キッチンというパキスタンの食どころ・古都ラホールでの家庭料理が食べられるお店でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ラヒ パンジャービー・キッチン
住  所:東京都杉並区西荻南3-15-17 2F
電  話: 03-3331-7860

営業時間: 火〜金 ディナー 17:00~23:00(L.O22:30)
     土・日 ランチ 12:00~15:00
         ディナー 17:00~23:00(L.O22:30)
定休日 :月曜日
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
curyyrafi

ラヒ(rahi)はウルドゥー語で旅人という意味だそうです。
ラムキーマカレーがとても美味しかったです。スナックメニューで一杯飲める「ほろ酔いセット」なんてメニューもあるので気軽に異国気分を味わうのはどうでしょうか?



写真:エスビー食品の固形即席カレーが入っていた缶です。当時は店頭に置かれてあったモノだと思います。年代によってカラー違いや裏蓋に広告が入っているモノもあります。

Posted by

1974年生まれ。 http://www.mikiji.tv/ 2015年夏からスタートする動物雑貨ブランドcoquille(コキール)のアートディレクションを担当。 [近況]●発売中のデイトナ最新号にC級スニーカー(ヴィンテージマイナースニーカー)コレクターとしてインタビューが掲載されてます。あと、GINZAにとんかつを食べるときに男は何を考えるのか!っていう文章書いてます。あと、小学館のビッグコミックオリジナル阪神タイガース増刊号にて「阪神応援半生激白座談会」に参加してます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
curry7

カレーの島田[7]

おじいちゃん、あのお話が聞きたい!

おや、またそのお話かい?もう何度目じゃ……

だっておじいちゃんのあのお話おもしろいんだもん!

そうかよしよし、そばにきて座りなさい。
(パイプに火をつけ煙をくゆらせる)

あれはおじいちゃんがまだデザイナーと呼ばれとったとき、
とても暑い夏の日じゃった………

黄色い服をきた男がおじいちゃんの前に現れたんじゃ……



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



「あれ?島田さん地図なんか広げてどうしたの?」

「近々、長野までカレーを食べに行こうと思っています。」

「えっなんかすごいね!」

「はっはい、前々から気になってるお店がありまして…」

「へー僕も食べたいな〜、一緒に行っていい?」

「えっ…はっはい、もちろんですが…その……」

「あっごめん、もしかしてデートとか?」

「ひっ1人です…ただその…レンタカーを借りますので」

「えっ?それだとお酒も飲めないし電車とかで行こうよ」

「いっいえ…車でないとダメなんです…なぜなら……」

「ちょっと待った!車じゃないとダメってことは、
  よほどの辺地とみた!あえて店の名前はいわないで
  楽しみにしてるから!」

「でっでも…みっ店の名前ぐらいは…」

「いや、ついつい食べログとか見ちゃうんだよね〜」

「そっそうですか…でっでは、早朝から出発しますので、
  よろしいでしょうか?」

「OK、遠方までカレーを食べに行くなんて、
  これは大人の遠足だよね!楽しみだな〜」

「はっはい……たしかにそうですね。
  それでは明日よろしくお願いいたします。」


今思えば、島田さん=美味しいカレー、島田さん=挙動不審という僕の一方的な思い込みもあって、島田さんが何か言いたげに口をモゴモゴさせていたのに、いつものことだと何も疑わず大人の遠足に参加したのだが、後々ゆっくり話を聞けば良かったとはげしく後悔することになる。




翌朝、集合場所の西荻窪駅の北口を出ると黄色いTシャツ、黄色い靴、黄色いバッグ、黄色いアイフォンケースを持った島田さんが路肩に車を停めて僕を待っていた。

「おっおはようございます……
  きょっ今日はご同行ありがとうございます……
  自分が運転しますので、ミキジさんは助手席の方へ……」


いよいよ未知のカレーをもとめ
長野県までのドライブがはじまったのでした。



この旅はカレーの島田[8]に続く……





いつも最後にオススメのカレー屋さんを紹介してるので今回は車中で島田さんが何を食べても美味しいと絶賛していた「なんどり」さんを。「なんどり」さんは都営荒川線・荒川遊園地前駅近くにある南インド料理全般を食べさせてくれるお店です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
なんどり
住  所:東京都荒川区西尾久7-29-9
電  話: 03-3800-6494
営業時間:ランチ 水~金 11:45~14:00(L.O)
         土&祝 12:00~14:30(L.O)
     ディナー水~金 17:30~20:00(L.O)
     毎月最終土曜は18:00~21:00で営業
定休日 :日、月、火
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
nandori
写真はレモンラッサム


どの料理も美味しいので、南インド料理に詳しくなくても気にせず店主にお勧めを聞いて色々と食べてみてください。



写真:業務用の調味料を製造販売している老舗、平和食品工業株式会社が30年代に販売していたカレールウの缶です。

Posted by

1974年生まれ。 http://www.mikiji.tv/ 2015年夏からスタートする動物雑貨ブランドcoquille(コキール)のアートディレクションを担当。 [近況]●発売中のデイトナ最新号にC級スニーカー(ヴィンテージマイナースニーカー)コレクターとしてインタビューが掲載されてます。あと、GINZAにとんかつを食べるときに男は何を考えるのか!っていう文章書いてます。あと、小学館のビッグコミックオリジナル阪神タイガース増刊号にて「阪神応援半生激白座談会」に参加してます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mac_curry

カレーの島田[6]

ある日、事務所に一本の電話がかかってきたんですよ。
忙しいのに誰だ?と受話器を取ったら友人からで

「このまえさ、街を歩いてたらカレーの島田さんらしき人が
マクドナルドに入っていくの見たんだけどさ、本人かな?」

ごめん……仕事があって、今それどころじゃないんだよ
ほんとごめんな……(受話器をガチャリ
忙しいときになんの電話だよ、そりゃ島田さんもカレーが
好きとはいえ、たまにはハンバーガーも食べたいだろう。

仕事の忙しさに気をとられ、友人からの電話も
気にならなかったが、夜になって一息ついたころ

カレーの島田さんがマクドナルドか…ちょっと気にはなるな…
携帯を手に取り島田さんに確認しようとした時、
あっ!と先日のイベントでのことを思い出した。



それは僕が主催したイベントに島田さんが遊びにきてくれて
友人に“この人はカレーをいつも食べてる人なんだけど…”と
その食べてる次元の違いを説明するのが面倒で

「この人カレーの島田さん、住んでる街をいうと
 美味しいカレー屋を3店は教えてくれるから。」と

隅で静かに気配を消してる島田さんを強引に引っ張って
友人たちに紹介してると皆が興味津々に……


ーー

「はじめまして島田さん僕、中目黒なんですけど…」

「中目黒ですか今ですと、個人的な好みですが……
   セイロンイン、
   シリバラジ、
   レッドブックが美味しいと思います。」

「えー知らない、行ってみます!
   島田さん的にココイチ(CoCo壱番屋)はどうですか?
   僕すごく好きなんですけど……」

「もちろん僕も好きです、あそこもおいしいですよね。」

「ですよね!」

「ただココイチさんは色々な場所にお店があるので
   せっかく中目黒に住んでおられるなら
   先ほどのお店にも足を運んでみてください。」

「はい!」

ーー

「はじめまして島田さんオレ、中野なんですけど…」

「中野ですか今ですと、個人的な好みですが……
   南インドダイニング、
   アチャラナータ、
   トリコカレーが美味しいと思います」

「えー知らない、行ってみます!
  島田さん的にYAMIYAMIカリーはどうですか?
  オレすごく好きなんですけど……」

「もちろん僕も好きです、あそこもおいしいですよね。」

「ですよね!」

「ただYAMIYAMIカリーさんは早稲田、飯田橋、神保町などに
  系列店がありますので、せっかく中野に住んでおられるなら
  先ほどのお店にも足を運んでみてください。」

「はい!」

ーー

「はじめまして島田さん私、西荻窪なんですけど…」

「西荻窪ですか今ですと、個人的な…………」

(以下省略ループ)

ーー



友人達が住んでる街をいうと、
ことごとくオススメのお店を紹介し、
その人が好きなカレーも決して否定せず、

親切丁寧に答えてくれることに、
聞く側の心が動き

たたみかける島田の過剰なカレー愛が
やがて脳の細部に染みわたり

今日の夜は、今日の夜だけは…
カレーを食べたい食べ続けたいという

島田を囲んだその空間が「島田ハイ」になっていた。

その情景を遠くから眺めていた人がなにを思ったか
冷めた態度で島田さんに近寄り少しからかうように

「島田さん最近マクドナルドが期間限定で
 販売してるハンバーガーって
 なんとなくカレーの風味しません?」と言ったんです。

風味ってなんだよ…それは島田さんに失礼だろう!
そのいじわるな質問に少し場がシラけ
皆が「島田ハイ」からカレー好きに
覚醒するチャンスを逃しそうになった瞬間、
島田さんが静かにこういったんです。








テキサスバーガーですね








きっと、あれを食べに行った日だな……
深夜、少し納得して携帯を机に戻した。

カレー味はおろかカレーの風味がするものも食べる男
それがカレーの島田さんなのだ。






今回、島田さんが中野でオススメするお店にあげていた
南インドダイニングさんは美味しい南インド料理全般が
食べられるお店です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
南インドダイニング
住  所:東京都中野区新井1-23-23
電  話: 03-3388-0373
営業時間: 11:30~15:00 17:30~23:00
定休日 :第2・第4月曜日
      (月曜祝日の場合は翌日火曜定休)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
shimda6
※今回の話は島田さんが“カレーの島田”と呼ばれたはじめた頃の話です。現在南インドダイニングさんは川口にも支店があります。


11
チャイを注文すると店員さんが味をまろやかにするために目の前で上から下にチャイを落とし泡立ててくれます。スパイスの香りが引き立った甘いチャイはぜひ食後のデザートに。




写真:インドで販売しているマクドナルドのカレーパイのパッケージです。十代の頃からハッピーセットのオマケ欲しさにリアルタイムで20年以上食べ続けた時代があり、最終的には未使用の包み紙やマドラーを集めだしたころのものです。コレを見て反応したのは後にも先にも島田さんだけでした。

Posted by

1974年生まれ。 http://www.mikiji.tv/ 2015年夏からスタートする動物雑貨ブランドcoquille(コキール)のアートディレクションを担当。 [近況]●発売中のデイトナ最新号にC級スニーカー(ヴィンテージマイナースニーカー)コレクターとしてインタビューが掲載されてます。あと、GINZAにとんかつを食べるときに男は何を考えるのか!っていう文章書いてます。あと、小学館のビッグコミックオリジナル阪神タイガース増刊号にて「阪神応援半生激白座談会」に参加してます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
_MG_0026

カレーの島田[5]

この前、友人と食事をしてたときに
カレーの島田さんの話になったんですけど
「島田さんはカレーを食べても表情が変わらない」って
友人が言うんですよ。たしかに一緒にカレーを食べてても
ルーを直視するだけで美味しいともいわず
食べたからといって感想を自分から話すこともなくて

1日1日、ただただ、ひたすらに、ひと口ひと口、
ルーを、いや、ルーの向こう側を見ながら
ひとりで気配をけして食べてるんですよね。

でも、店内の目立たない席に座り黙々と食べる
そのたたずまいが異様な空気をかもしだし、
唯一無二の存在感がダダもれになっているので
すぐ店主に見つかってしまい挨拶をされたり、
食後にコーヒーやデザートが出てきたり、
メニューにない料理を出されたりしてるんです。

先日も御徒町にカレー屋がオープンしたので
二人で食べにいったときのことなんですけど、

店のドアをあけたとたんスパイスのいい香りに思わず
「おいしそ〜楽しみだな〜」という笑顔の僕。

僕の背後から静かに入店し最短距離で
角のテーブルの隅に着席する無表情の島田さん。

2人でメニューを見ていると突然インド人店主が
こちらに近づき島田さんに向かって
「アナタ ドコカデ ミタコトアル」って
言いだしたんです。


「えっ?島田さんこの店はじめてだよね?」
「はっはい、だから…人違いだと思います……」


「イヤ アナタ ゼッタイ ミタコトアル」

「ははっ誰と間違ってるんだろう?」
「ちっ違う方と間違われてるんだと思います……」


「イヤ アナタノ カオ ミタコトアル」


「えっ?なになに?誰か有名人と間違われてる?」
「い、いや…自分は一般人なので、人違いです……」


「イヤ ミタコトアルンダケド……ンムゥ…」
(島田さんの顔をジッと見つめるインド人店主)



「……アッ!」




アナタ  ワタシガ  マエニ
  ハタライテイタ 
  ミセニ  メチャキテタ



そして今宵もメニューにない小皿を1品サービスで
つけてもらうカレーの島田さんだった。





そんな気さくな店主が以前つとめていたのは
御徒町のヴェジハーブサーガさんというお店で
島田さんもよく食べに行くという
美味しいベジタリアンメニューが揃うお店です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ヴェジハーブサーガ
住  所:東京都台東区上野5-16-9 サンエイビル B1F
電  話: 予約 050-5571-0913 / お問い合わせ 03-5818-4154
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:30) 
     17:15~23:00(L.O.22:30)
定休日 :日曜
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
R0014373
店主がインドでも厳しい菜食主義のジェーナ教の方なので店内はお酒もタバコもNGです。 注文を受けてから作り始めるので時間に余裕をもっていくことをオススメします。



写真:昭和30〜40年代のS&Bのキャップです。サイズが小さくて、
のし袋にたたまれて入っていたので工場見学で子供達に配られたものだと思います。

Posted by

1974年生まれ。 http://www.mikiji.tv/ 2015年夏からスタートする動物雑貨ブランドcoquille(コキール)のアートディレクションを担当。 [近況]●発売中のデイトナ最新号にC級スニーカー(ヴィンテージマイナースニーカー)コレクターとしてインタビューが掲載されてます。あと、GINZAにとんかつを食べるときに男は何を考えるのか!っていう文章書いてます。あと、小学館のビッグコミックオリジナル阪神タイガース増刊号にて「阪神応援半生激白座談会」に参加してます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
130614_plateaux_34

カレーの島田[4]

イベントの打ち上げがあるっていうので参加したんですよ。
たくさん人が来てて知らない人も多かったので
はしっこで静かにまわりの方たちの話を聞いてたんです。
そしたら遠い席のグループがカレーはどこが美味しいか?
という話で盛り上がってたんですね。

「おれ『ココイチ』はよく行きますね」
「いやいや『松屋』でしょ」「『吉野屋』にもカレーあるよね?」
「飲んだ帰りに『富士そば』のカレーがうまいんだよ」
「『ゴーゴーカレー』もはまるよ!金沢カレー知ってる?」
「なんだかんだやっぱり家のカレーが一番じゃない?はははっ
すみませんこっちにビールおかわり!」

むぅ…あっちの方でカレーの話をしてるな……
ぐらいに思っていたら、ミキジさんはカレー好き?
お酒も入ってか、席を移動してきた方が
あまり面識のない僕に突然の質問をしてきたんです。

さっき聞いてた感じだとチェーン店のカレー話だったな……
「最近おいしかったのは神保町の『ディラン』です」と言っても
盛り上がらないだろうな…チェーン店で好きなカレー…よし。
「えっと『なか卯』ですかね、カレーうどんが美味しいです…」

「えー!そうなの?『なか卯』でカレーを意識したことないわ〜
親子丼がおいしかった記憶はあるけど〜」

「いやいや…以外とカレーが美味しいんですよ、はは……」




ーーーーーーひとり帰り道にてーーーーーーー

チェーン店のカレーで盛り上がっていたのに
だれも『なか卯』にピンときてなかったな……

帰りの道でモヤモヤした僕は携帯をとりだして
カレーの島田さんにメールしたんです。

「おつかれさまです!『なか卯』だと何が好き?」

“チェーン店だとどこのカレーが好き?”とは聞かず
もう確実に島田さんならカレーというにきまってる
自分だけが勇気をもらうための八百長メール!

心の弱さがそうタイプさせたマッチポンプメール!

カモン!「カレーです」の返事カモン!

そうこうしていると返事がきたので、
どうせカレーでしょ?はいはいと
メールをひらいたら……




はい、僕は八坂神社前店です





ん?やっ八坂?何が?と思いすぐ電話をしたら

「えっ?あっ!失礼しました!
なか卯では当然カレーです。
なか卯のカレーうどん美味しいですよね。
僕はてっきり……
なか卯何店のカレーが好きか聞かれてるのかと思いました。
申し訳ありません!」

「えっ…あっそうなんだ味…違うんだ……」

「はい」


島田さんを利用してスッキリしようとした悪巧みが
結局また余計なモヤモヤだけが心に残った夜の帰り道だった。






今回は僕が声を大にして紹介したかった
神保町のディランさんは銀座のグルガオンにおられた方が作る
カレー専門のお店です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ディラン
住  所:東京都千代田区神田駿河台3-3-3 2F
電  話:03-3292-3505
営業時間:11:30~14:30(L.O)
     18:00~21:00(L.O)
定休日 :日曜・祝日
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
dylan

よく雑誌やカレー愛好家達にいわれてる
ダバ系(京橋にあるダバインディア系列出身の日本人シェフ)
という言葉があってグルガオンもダバ系なので
ディランさんもそういってもいいのでしょうか?
カレーは3種から4種、あいがけもでき色々と味が楽しめ
見た目も色鮮やかでダバ系の枠を超えたおいしさがあります。




写真:1978年にボンカレーゴールドのCMキャャラクターだったミスターBONのノベルティケシゴムです。野球のユニホームを着ているのは当時、大塚グループ が提供してた「巨人の星」やCMに王貞治が起用されたからだそうです。

130614_plateaux_32

中に入ってる説明書も味わいがあっていいですよ。

Posted by

1974年生まれ。 http://www.mikiji.tv/ 2015年夏からスタートする動物雑貨ブランドcoquille(コキール)のアートディレクションを担当。 [近況]●発売中のデイトナ最新号にC級スニーカー(ヴィンテージマイナースニーカー)コレクターとしてインタビューが掲載されてます。あと、GINZAにとんかつを食べるときに男は何を考えるのか!っていう文章書いてます。あと、小学館のビッグコミックオリジナル阪神タイガース増刊号にて「阪神応援半生激白座談会」に参加してます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
_MG_0022

カレーの島田[3]

先日カレーの島田さんに会ったら顔色が悪かったんですよ。
ん?あれ?島田さんどしたの?なんかヘンだけど大丈夫?
って聞いたら「風邪っぽいんですが…大丈夫です……」って
プルプル震えながら言うんですよ。

でも紅芋みたいな顔色してるし、すごい心配になって、
熱あるんじゃないの?って聞いたら

「はっはい…ゲッゥゴォフォンフォンすっすこし熱がありまして……で、でも大丈夫です……」

えっ!熱あんの?島田さんは一人暮らしだし心配になって
いつから?病院いった?水分取ってる?

「はっはい…病院には行きました……ゲッゥゴォフォン」

薬飲む前にお腹になにかいれておいたほうがよくない?
お昼なにか食べた?何食べた?って聞いたら、

「カレーです……」って。。。

あ~芯の部分で違うなーって、
お粥と真逆のセレクト圧巻だなーって。



「きょ、きょうの夜は…よっよくいくデリーのバイトさんがゲッゥォフォンホォン…きょうで…フゥフゥ…さっ最後なのでいっ行かないと…おっおつかれさまでしたって…いっいわないとゥゲッゥォフォホォ……フゥフゥ」

従業員でもなんでもない、ただのいきつけのクセになんなんだその使命感!帰って寝ろよ!

「あぁ…そうだォゴォフォン…ミキジさん…さっ最近、にっ西荻窪にゥフゥ…おっ大岩食堂ってォフォン、お、お店ができまして…今度ぜっゼゴホンゴォフォン…ぜっぜひ一緒に……」

熱が出過ぎて紅芋を切った表面みたいな顔をしてるのに
明日以降のカレーのことまで!帰って寝ろよ!


「ううぅ……(悪寒で謎のうめき)」


プルプル震えた島田さんをぼーっと見ながら
昔知り合ったばかりの頃、2人で電車を待ってた時
島田さんがなにかを察して聞いてもないのに突然


でも…おれ3日はカレー我慢できますよ」って


言ってたシーンがなぜか頭をよぎったんですけど、
まったく我慢できてないよな……と、

これほどまでに病人に対して心底どーでもいーなって思えたのは後にも先にも彼だけでした。




島田さんが命がけで僕を連れて行こうとした西荻窪の大岩食堂さんは京橋のエリックサウスさんにおられた方がはじめた南インド料理のお店です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
大岩食堂
住  所:東京都杉並区西荻南3-24-1
電  話:03-6913-6641
営業時間:11:00~14:30(L.O14:30)
     18:00~22:00(L.O22:00)
定休日 :月曜日
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

  oiwa1

元々エリックサウスさんは岐阜で和食など手掛けている会社なので日本人にも食べやすいミールスを提供しており、独立された大岩食堂さんも素敵な店内で美味しいミールスが食べられるので女性にもオススメです。テーブルに常備されてるウールガイ(スパイスのお漬け物)も是非ミールスやワインのお供に。



写真:島田さんが参加するイベントのために僕が勝手に作ったカレーキャップです。印刷所のミスで期日に間に合わず結局売らずに身内がかぶることになりました。裏にはグレイビーボートが刺繍されています。

_MG_0024

僕「今後販売すること考えて糸は派手めにカレーをイメージした
    黄色Y100%にしようか?」と提案したら
島「Y100%にM20%たしたいです。カレー粉の色がいいです」
僕「でもカレー粉色はおじさんっぽいし、カレーを連想
   させればいいわけだからY100%でもよくない?」
島「で、でもカレー粉の色は……」
僕「あーもう、はいはい」といった感じで完成した帽子です。

Y100%
y100
M20%
m20
カレー粉色(Y100%+M20%)
y100m20
ほとんど僕が勝手に考えて作ったけど島田さんから唯一「ハウス食品の“りんご”の表記はカタカナで“リンゴ”です」と修正がありイラッとしました。

Posted by

1974年生まれ。 http://www.mikiji.tv/ 2015年夏からスタートする動物雑貨ブランドcoquille(コキール)のアートディレクションを担当。 [近況]●発売中のデイトナ最新号にC級スニーカー(ヴィンテージマイナースニーカー)コレクターとしてインタビューが掲載されてます。あと、GINZAにとんかつを食べるときに男は何を考えるのか!っていう文章書いてます。あと、小学館のビッグコミックオリジナル阪神タイガース増刊号にて「阪神応援半生激白座談会」に参加してます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
_MG_0089

カレーの島田[2]

このあいだ西新宿で打ち合わせが重なっちゃって
お昼ごはんを食べそこねたんですよ、
お腹空いたし、このあたり土地勘ないしで
まいったなーと、あてもなく歩いてたら
居酒屋の玄関に「鳥取らっきょう付 カレーライス」って
ランチの看板があったので入ってみたんですね

そしたら客は僕だけで店内はうす暗く、
聞こえてくるのは従業員の雑談、出てきた水は生ぬるく、
注文したカレーも一口食べたらルーがめちゃくちゃ塩辛い。
ご飯もなんだかカッピカピ、こんなことあるのか……と、
完食できずにお会計したら1000円。
看板には780円って書いてた気がするんだけど
ランチタイムが終わったとのこと。

店を出た後、なんだかやるせない気分になっちゃって
あーーー腹立ってきた!と電話を取りだし
カレーの島田さんに電話したんです。
数々のカレーを食べてきてる島田さんなら
この気持ちを理解してくれるはずだ!そして
「そんなのまだマシだよ!俺なんてさ!」みたいな
同情をこえて僕の気持ちを浄化させてくれるほどの
スパイシーな体験も語ってくれるんじゃないかと期待しつつ


「もしもし、島田さん?じつはさ、こんな店があってさ……
カレーって書けば誰でも注文すると思ってるんですよ!
どう思う?最悪だよね?ね?ね?ね?」

「水分が飛んでルーが塩辛くなってしまったんですね」

「えっ?うっうん…で、でもさ、そもそもらっきょうを売りにしてる時点でさ、カレーに自信が無いんだよ!そう思わない?ったくね?ね?ね?」

「鳥取のらっきょうはカレーによくあい美味しいですよね」

「えっ?おうっうん…ごごっごはんもカッピカピでさ!」

「きっとごはんもランチでたくさんでたから、終わり頃だったんですよ。お疲れ様ですね。」

「えっ?おつかれ?おっううん……」

「お水もルーをちゃんと味わうためかもしれないですよ」

「うっうん……」

「1000円はお高めですがカレーだとありえる金額ですよ」

「うん……………」




あかん!全然のってこないんですよ!僕のワルい誘いに!!

最後の方は強引でも引きずり込もうと店内が暗くてカレーが全く見えなかったという8割以上の嘘をついても「ムードがあるのはいい」みたいな返事で全然のってこないんですよ!

みなさん!友と呼ぶには十分すぎる歳月をともにしてきた僕よりもですよ!

見ず知らずのこだわりのない居酒屋のらっきょうをウリして
ルーが見えないようなうす暗い1000円という価格のどうしようもないカレーを彼はかばうんですよ!はぁはぁ……


島田さんは最後にポツリと

カレーが悪いわけじゃないんですよ

って…言うんですよ……
島田さんは基本カレーの悪口をいわない人なんですよ。


「次回そのあたりを通ったときは、その店から少し歩いて左に曲がった奥にあるコチンニヴァースっていうお店に足を運んでみてください。美味しいですよ」

って…オススメを教えてもらい電話を切りました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー
コチンニヴァース
住  所:東京都新宿区西新宿5-9-17 1F
電  話:03-5388-4150
営業時間:11:30~14:30(L.O14:00)
     17:30~21:30(L.O21:00)

定休日 :火曜日
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

住宅街でひっそりと営業しているコチンニヴァースさんは
シェフが南インドはコーチ出身の方なので
美味しい南インド料理全般が食べれるお店です。

cot1
座席数が少ないので気になる方は
事前に電話での予約をおすすめします。



写真:詳細は定かではないですが左に70年代パッケージをつとめた松山容子の顔、上には小さく「両方に引っ張って開けてください」と書かれているので、おそらく70年代、ボンカレーのレトルトパッケージに印刷するために作られた木型だと思われます。過去に大塚食品に問い合わせたこともありましたが未だハッキリしたことはわかりません。

Posted by

1974年生まれ。 http://www.mikiji.tv/ 2015年夏からスタートする動物雑貨ブランドcoquille(コキール)のアートディレクションを担当。 [近況]●発売中のデイトナ最新号にC級スニーカー(ヴィンテージマイナースニーカー)コレクターとしてインタビューが掲載されてます。あと、GINZAにとんかつを食べるときに男は何を考えるのか!っていう文章書いてます。あと、小学館のビッグコミックオリジナル阪神タイガース増刊号にて「阪神応援半生激白座談会」に参加してます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
_MG_0038

カレーの島田[1]

「カレーの島田さん」っていう人がいるんですよ。
でも、本人がそう言ってるわけじゃなくて
「ほら、あのカレーの、そうそう……」って感じで
まわりから言われてる、通称「カレーの島田さん」なんですが

島田さんは毎日カレーを食べてるんですよ。
でも、毎日カレーを食べてると本人が言ってるわけじゃなくて
でも、どうかんがえても毎日カレーを食べてないと起こらない
エピソードがいっぱいあるんですよね。

だからこの場をお借りして、
カレーやインドに関するマイコレを紹介するときは
“どう考えても島田さん毎日カレー食ってますよね?”って
思うエピソードを書きます。



ーー 

数年前の夏、まだ島田さんと知りあったばかりの頃
よく島田さんオススメのカレー屋に2人で行ってたんですね。
その日は『ムット2号店』という南インド料理のお店で
ごく普通のマンションの1室で営業してたんです。

店に入るまでの動線の怪しさも個人的にツボで、
もちろん料理もチキンビリヤニ(カレーの炊き込みご飯)とか
オリジナル料理のイドゥリ(蒸しパン)フライとか、
どれもめっちゃうまかったんですよ。

もう僕テンションあがっちゃって
翌週には島田さんに黙って女の子をお店にさそったんですね
(あっ待って、いわなくてもいいことをいってる気がする)。

ビリヤニに入った骨付きチキンをくずしながら
「たまにくるんだよね!」って常連のようにカッコつけて
女の子の気を引こうとしてたんですね。
(あっ本当にいわなくてもいいことをいってる気がする)。

料理もうまいし、女の子の反応も良かったしで
ついつい調子にのって携帯でパシャっと料理を撮影して
なにも書かず↓この写真だけを島田さんにメールしたんですよ。

mut2


そしたら…速攻で返事が帰ってきたので
メールをひらいたら…一文だけ……



「そこ今エアコン壊れてますが
 アツくはないですか?」




って書いてあったんですよ!


そういえば暑い!確かに室内が暑い!
どこだ!エアコンどこだ!あっあった、こっ壊れてるっ!
ほっほんとに壊れてるっ!!暑い!怖い!そして暑い!

どんだけ頻繁に来てるんだ!っていうね。
手のひらで踊らされてるような感じがして
ほんとわるいことはできませんよねー。


そんな『ムット2号店』はシェフが帰国した関係で
残念ながら閉店しましたがインド料理全般を
食べることができる本店がありますので
気になる方は是非いってみてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
インド料理ムット
住  所:東京都新宿区西新宿7-22-34
電  話:03-5937-3443
営業時間:11:30~15:00、17:00~22:00
定休日 :日曜日
ーーーーーーーーーーーーーーーーー



写真:はぁ、心臓いたいわ〜って感じのこのキャラは
エアインディアのマスコットでマハラジャくんといいます。
アドバタイジングものではメジャーなキャラクターで、
今でもエアインディアのいたるところで活躍しています。
写真は70年代のもので日本で買おうとするとわりと高いです。
どーしても欲しい人はネットオークションがおすすめです。
左手の指先が折れやすいのでネットオークションで買うときは
ボンドで付けられてないかなどチェックしましょう。

Posted by

1974年生まれ。 http://www.mikiji.tv/ 2015年夏からスタートする動物雑貨ブランドcoquille(コキール)のアートディレクションを担当。 [近況]●発売中のデイトナ最新号にC級スニーカー(ヴィンテージマイナースニーカー)コレクターとしてインタビューが掲載されてます。あと、GINZAにとんかつを食べるときに男は何を考えるのか!っていう文章書いてます。あと、小学館のビッグコミックオリジナル阪神タイガース増刊号にて「阪神応援半生激白座談会」に参加してます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP