co.houyhnhnm.jp
CHOKKAKU SHIBUYA OFFICIAL WEB

donky

キングコング[2]

また久々になじみのおもちゃ屋に行ったんですけど、
ぼくに気づいた店主がマジメな顔して
「ミキジさん、Hのやつ辞めました……」っていうんですよ。

え、どうしたんですかH君?なんかあったんすか?って
心配になったんですけど、わけを聞いたら

「なんかゴリラのTシャツとか作って商売をするとか
言いだして、そんなのうまくいくんですかね?
ミキジさんなんか聞いてました?」

kong1

「あっいや……」


しかし、それから数ヶ月がたったころ
H君は資金繰りの為に始めたアルバイトの日々に疲れ果て
オリジナルグッズはほとんど作らずダラダラした生活をつづけ
たまに店に顔を出してはオモチャを買っていく始末。

長年にわたってH君の面倒をみてきた店主は心配になり、
本心を聞こうとH君を店に呼んだそうだ。

「おいH、おまえオリジナルグッズを作るといってた話、
あれ実際はどうなんだ?やりたいことやれてるのか?
オレはおまえが何かに挑戦するといったから
こころよく送りだしたのに今はどうだ?
今日オマエが店に来てオモチャを見る目でおれは確信したよ。
オマエの目はキラキラしてたよ、なあH!
おまえがほんとうにスキなものはなんだ?
おまえが心からスキだ!といえるモノはなんだ?言ってみろ!」

なんと愛にあふれた店主なんだ!
そ、それでH君はなんて言ったんすか?


「オレが本当にスキなもの……」


H君は手にもってたキングコングのソフビをジッと見つめた後
店主のほうを向いてこういったそうだ。


オッ……パイ…です


こいつはイチから性根からたたき直さないといけないと店主は
H君の首根っこを捕まえ自分の店で再び出直しさせることを決意したのでした。


H君がまた再びなじみの店にもどってくる。



写真: A.J. Renzi Corp.というプラスチックを取り扱うトイメーカーが81年に製造したドンキーコング(貯金箱)です。ちなみにこれはキャラクターなのでH君的な視点でいうとキングコングではない。

Posted by

1974年生まれ。 http://www.mikiji.tv/ 2015年夏からスタートする動物雑貨ブランドcoquille(コキール)のアートディレクションを担当。 [近況]●発売中のデイトナ最新号にC級スニーカー(ヴィンテージマイナースニーカー)コレクターとしてインタビューが掲載されてます。あと、GINZAにとんかつを食べるときに男は何を考えるのか!っていう文章書いてます。あと、小学館のビッグコミックオリジナル阪神タイガース増刊号にて「阪神応援半生激白座談会」に参加してます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
_MG_0001

キングコング[1]

久々になじみのおもちゃ屋に行ったんですけど、
ぼくに気づいた店員のH君がマジメな顔して
「ミキジさん、オレ決心しました……」っていうんですよ。

おい、どうしたH君!なにがあったんだ?って
心配になったんですけど、わけを聞いたら
「本気でキングコングを集める決心がついたんす」って
いうんですよ……。

kong1

何くだらないこと書いてんだって、
もっとオシャレなこと書けよって
みなさん思うかもしれないですけど、
でもよく考えてみてくださいよ、
H君しかり、コレクターっていうのはこれだと決めたら
全部そろえたいという衝動にかられる人たちなんですよ。

だからキングコングを集めるってことは
もう世の中のゴリラは全部いかないといけないわけですから、
それ相当の覚悟が必要なわけで、
彼は真剣に悩んでたんだと思いますよ。

そんな彼の気持ちをさっしてぼくはナゼ?とは聞かずに
前向きに「ゴリラものっていっぱいあるけどさ
H君のキングコングの定義って何?」って聞いたら、
彼は静かに言ったんですよ

オーバーオールを着てるものと
 バナナを持っているもの……
 以外の全てのゴリラです
って。

彼にかける言葉なんもなかったですね、
その日はなにも買わず彼の肩を叩いて店をあとにしました。



写真 : A.J. Renzi Corp.というプラスチックを取り扱うトイメーカーのゴリラ(貯金箱)です。60年代のものでサイズは大小、カラーもブラック以外にピンクやレッドなどがあります。

Posted by

1974年生まれ。 http://www.mikiji.tv/ 2015年夏からスタートする動物雑貨ブランドcoquille(コキール)のアートディレクションを担当。 [近況]●発売中のデイトナ最新号にC級スニーカー(ヴィンテージマイナースニーカー)コレクターとしてインタビューが掲載されてます。あと、GINZAにとんかつを食べるときに男は何を考えるのか!っていう文章書いてます。あと、小学館のビッグコミックオリジナル阪神タイガース増刊号にて「阪神応援半生激白座談会」に参加してます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP