co.houyhnhnm.jp
CHOKKAKU SHIBUYA OFFICIAL WEB

_MG_0026

カレーの島田[5]

この前、友人と食事をしてたときに
カレーの島田さんの話になったんですけど
「島田さんはカレーを食べても表情が変わらない」って
友人が言うんですよ。たしかに一緒にカレーを食べてても
ルーを直視するだけで美味しいともいわず
食べたからといって感想を自分から話すこともなくて

1日1日、ただただ、ひたすらに、ひと口ひと口、
ルーを、いや、ルーの向こう側を見ながら
ひとりで気配をけして食べてるんですよね。

でも、店内の目立たない席に座り黙々と食べる
そのたたずまいが異様な空気をかもしだし、
唯一無二の存在感がダダもれになっているので
すぐ店主に見つかってしまい挨拶をされたり、
食後にコーヒーやデザートが出てきたり、
メニューにない料理を出されたりしてるんです。

先日も御徒町にカレー屋がオープンしたので
二人で食べにいったときのことなんですけど、

店のドアをあけたとたんスパイスのいい香りに思わず
「おいしそ〜楽しみだな〜」という笑顔の僕。

僕の背後から静かに入店し最短距離で
角のテーブルの隅に着席する無表情の島田さん。

2人でメニューを見ていると突然インド人店主が
こちらに近づき島田さんに向かって
「アナタ ドコカデ ミタコトアル」って
言いだしたんです。


「えっ?島田さんこの店はじめてだよね?」
「はっはい、だから…人違いだと思います……」


「イヤ アナタ ゼッタイ ミタコトアル」

「ははっ誰と間違ってるんだろう?」
「ちっ違う方と間違われてるんだと思います……」


「イヤ アナタノ カオ ミタコトアル」


「えっ?なになに?誰か有名人と間違われてる?」
「い、いや…自分は一般人なので、人違いです……」


「イヤ ミタコトアルンダケド……ンムゥ…」
(島田さんの顔をジッと見つめるインド人店主)



「……アッ!」




アナタ  ワタシガ  マエニ
  ハタライテイタ 
  ミセニ  メチャキテタ



そして今宵もメニューにない小皿を1品サービスで
つけてもらうカレーの島田さんだった。





そんな気さくな店主が以前つとめていたのは
御徒町のヴェジハーブサーガさんというお店で
島田さんもよく食べに行くという
美味しいベジタリアンメニューが揃うお店です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ヴェジハーブサーガ
住  所:東京都台東区上野5-16-9 サンエイビル B1F
電  話: 予約 050-5571-0913 / お問い合わせ 03-5818-4154
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:30) 
     17:15~23:00(L.O.22:30)
定休日 :日曜
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
R0014373
店主がインドでも厳しい菜食主義のジェーナ教の方なので店内はお酒もタバコもNGです。 注文を受けてから作り始めるので時間に余裕をもっていくことをオススメします。



写真:昭和30〜40年代のS&Bのキャップです。サイズが小さくて、
のし袋にたたまれて入っていたので工場見学で子供達に配られたものだと思います。

Posted by

1974年生まれ。 http://www.mikiji.tv/ 2015年夏からスタートする動物雑貨ブランドcoquille(コキール)のアートディレクションを担当。 [近況]●発売中のデイトナ最新号にC級スニーカー(ヴィンテージマイナースニーカー)コレクターとしてインタビューが掲載されてます。あと、GINZAにとんかつを食べるときに男は何を考えるのか!っていう文章書いてます。あと、小学館のビッグコミックオリジナル阪神タイガース増刊号にて「阪神応援半生激白座談会」に参加してます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP