co.houyhnhnm.jp
CHOKKAKU SHIBUYA OFFICIAL WEB

CURYY8

カレーの島田[8]

急に長野県まで車に乗ってカレーを食べにいくと言い出した島田。よほどのカレーとみた永井ミキジは何も聞かず島田の運転する車に乗り込み、そのカレーにありつこうとたくらんだのであった。(詳しくは前編 カレーの島田[7]をご覧下さい。)




ーーーーーーーーーーー行き車中にてーーーーーーーーーーー

西荻窪を出発した僕らの車は調布から中央自動車道に入った。
タイヤがアスファルトを蹴る音と小さく流れるラジオのBGM、
車を運転しながら島田さんは僕を退屈させないために色々な話をしてくれた。

「先日、職場の近くにカレー屋がオープンしたので食べておこうと店に入ったんです。そしたら店内に同じ部署の女子社員たちが偶然いたので少し離れた席に座ったのですが“あっ会社では物静かな人が店に入ってきた。新しくオープンしたお店に一人で来るミーハーな一面があるんだ。”って思われてるんじゃないかと気まずかったです。」

「そうなんだ(笑)気にしすぎじゃない?」

「先日、新宿でカレー煮込みが名物の居酒屋に会社の飲み会で行きまして“ここのカレー煮込みをご飯にかけて食べたい”という長年の夢を話したら、同僚達が酔った勢いで店員さんに頼んで夢があっさり叶ってしまったんです。店員さんにはご迷惑をおかけしてしまいました。」

「そうなんだ、大丈夫なんじゃない?」

「先日、職務質問をされましてカバンの中を見せたのですが色々なスパイスが入っていたので変な誤解を招いてしまったんです。警察の方にはご迷惑をおかけしてしまいました。」

「そうなんだ……」



島田さんのリアルな日常は全てカレーがからんでいた。



談合坂サービスエリアにてトイレ休憩
IMG_4396
エリア内の売店に小仏焼という名物が。島田さんは「名物は食べないとですね」と言っておきながら“オリジナル味”を買わずに“カレー風味”を買っていた。





そうこうしているうちに出発から4時間、僕らは中央自動車道を走り続けて長野県伊那市あたりまで来ていた。島田さんは道路標識を確認し、小黒川パーキングエリアに入り車を駐車場に停めた。



小黒川パーキングエリア
cu



小黒川パーキングエリアは小さな休憩スペースと売店しかない静かな場所だったのでトイレ休憩かな?と思い車を降りたら…


「ミキジさん長旅おつかれさまでした、目的地到着です。」

「えっ到着?まだ高速おりてないけど…」

「はい、ここです。」

「……またまた。」

「いえ……ここです。」

1



「ははっ…ウソだよね?」

「……ここです。」




cu2

ウソだと言ってくれ(涙)






2
カレーショップC&C
京王線沿線を中心に全21店舗を展開するカレーチェーン店
(2015年3月現在)


「やだやだやだ、えっえっ?!なんで?なんで?
  東京にいたら、いつでも食べれるやつだよね?」

「はいカレーショップC&C全21店舗の中で
  唯一行けてなかったのが、なぜか他県にある
  小黒川店だったんです。」

「ほ…ほかの20店舗は行ってるんだ……」

「はい、他の店舗は東京にありますので。」

「そっ…そうなんだ………」



ポークカレー440円
  5


これを食べるために往復8時間、レンタカー代・高速代などなど
3万円をかけた大人の遠足の最大の目玉が終わった。




ーーーーーーーーーーー帰り車中にてーーーーーーーーーーー

C&CはCoffee & Curryの略だとか
今はなくなってしまった高尾店や桜上水店の思い出や
一時期サービス券5枚と引き換えにもらえた
「C&C福袋」に入っていたC&C特製おみくじの話、
新宿本店と新線新宿店は 100メートルと離れてないのに
なぜかルーの味が違う話など帰りの車中も島田さんは
僕を退屈させないためにありとあらゆるC&Cを話してくれた。

今はもっぱら中辛をベースに唐揚げもしくは三元豚かつのトッピング、期間限定メニューがあればそれを食べるそうだ。

渋谷店では期間限定メニューに
屋台風焼きそば&カレーなんてのもあったそうだ……


「カレーにおわりはありません……」

「そうなんだ。(←返事に飽きてる)」



運転をしている島田さんの視線の先は
すでに目的地の東京を超えインドを見ていた。



「まあ…心に引っかかってたものが解消されて良かったよ。
  ところで、小黒川店で食べてみて何か東京の店との違いは
  あった?」

「はい、しいていうなら…」

「お!?うぅん!うん、なになに?」






ドリンクバーは
 珍しいです。


3


「そうなんだ……」






西荻窪でレンタカーを返した後、島田さんが同行してもらったお礼にと連れて行ってくれたお店はラヒ パンジャービー・キッチンというパキスタンの食どころ・古都ラホールでの家庭料理が食べられるお店でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ラヒ パンジャービー・キッチン
住  所:東京都杉並区西荻南3-15-17 2F
電  話: 03-3331-7860

営業時間: 火〜金 ディナー 17:00~23:00(L.O22:30)
     土・日 ランチ 12:00~15:00
         ディナー 17:00~23:00(L.O22:30)
定休日 :月曜日
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
curyyrafi

ラヒ(rahi)はウルドゥー語で旅人という意味だそうです。
ラムキーマカレーがとても美味しかったです。スナックメニューで一杯飲める「ほろ酔いセット」なんてメニューもあるので気軽に異国気分を味わうのはどうでしょうか?



写真:エスビー食品の固形即席カレーが入っていた缶です。当時は店頭に置かれてあったモノだと思います。年代によってカラー違いや裏蓋に広告が入っているモノもあります。

Posted by

1974年生まれ。 http://www.mikiji.tv/ 2015年夏からスタートする動物雑貨ブランドcoquille(コキール)のアートディレクションを担当。 [近況]●発売中のデイトナ最新号にC級スニーカー(ヴィンテージマイナースニーカー)コレクターとしてインタビューが掲載されてます。あと、GINZAにとんかつを食べるときに男は何を考えるのか!っていう文章書いてます。あと、小学館のビッグコミックオリジナル阪神タイガース増刊号にて「阪神応援半生激白座談会」に参加してます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP