co.houyhnhnm.jp
CHOKKAKU SHIBUYA OFFICIAL WEB

nanpa

ナンパシール2

前回

「シール作るだけ」とはいえ、やはりナンパというのは勇気がいるものだ。街角スナップの取材で、歩いている人に声をかけるのすら、仕事だとわかっていてもつらい。でもそういうのは、最初の一歩がかんじんで、やってみると「意外とできるもんだ」などと自信がついて、勇気が出てくるもの。いずれは書店に偶然いたアイドルにも声をかけることができるかもしれん(無理)。

「そうだ、能町みね子さんと名古屋でトークショーがあるじゃん」と気づいた。そのときに一緒にシール作って、来てくれた人に配ったらいい。喜んでくれるかはしらないけど。能町さんとそのイベントについてメールのやり取りをしてるときに、「よかったら、シール作ってくれません?」とブッこんでみたら、OKをもらえた。よかった。断りにくかっただけかもしれないが。

でも、いざ作ろうとなると、「……何を描けばいいんだ?」という問題になる。一緒にひとつの絵を描く、という方法もあるが、人によっては難しい(あと、僕の画力によって、相手の絵をスゲー台なしにしちゃう、という不安も…)。ここはやっぱり、各々が描いたのを一枚に、という方がベターだ。テーマを決めてお互い描くことにしよう。で、キリトリ線つけて、個別でも使えるように。

 

なんだかんだで、テーマは「かわいいもの」に決まった。「かわいいシールを作ろう」と。それで、能町さんから届いた絵が、コレだ。

 

 oneesan

 

……かわいい。

かわいいけど、意味がわからない。能町さんが4歳の頃に描いたマンガの1コマだという。「かわいかったので」とメールに添えてあった。

こう来たか〜! で、僕が描いたのが、

 

 

 

otsuri

何だこれは。

僕の考えた「かわいい」もの。「切り身ちゃん」みたいにならねえかな…と思って(無理)。

 

んで、結果、

 

DSC_0097

 

なんだか、ものすごい不思議なシールができた…!!!

 

ということで、最初のナンパシールは能町さん。トークショー、前日ギリギリにできた(イベントに来られない人にも手に入るように、後々アレします)。

 今日のイベントにいらっしゃる方には、ムリヤリ渡します!! たとえイヤだと言われても!

Posted by

こフイナムはメンバーの更新シーズンは終了しております! シメのため、基本的に僕だけチョロチョロと書いていきます。サッカーのアディショナル・タイムみたいな感じでっす! http://www.shibuyachokkaku.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DJフクタケです!

はじめまして! DJフクタケです。

その名のとおり東京でDJをやったり、ライターとして雑誌などに文章をちょぼちょぼ書いたりしています。 渋谷直角編集長とはかつて(12~3年くらい前)一緒に渋谷のオルガンバーというクラブでDJイベントをやったり、 その後もいろんなイベントで絡んだり、バカなグッズをプレゼントし合ったりしている小学生マインド共有仲間だったりして。

で、DJなんですが、邦楽・洋楽問わずいろんなジャンルをかけるんですが、 特に比重が大きいのは日本の歌謡曲、ロック、ポップスといったいわゆる和モノの7インチ(ドーナツ盤)しばりのスタイル。 踊れるレアグルーヴ解釈で夜な夜なプレイしております。

この「こフイナム」では音楽寄りなネタも、そうじゃないネタも雑多な感じでぶっ込むオトナの「コロコロコミック」感覚でUPしていこうと思います。

てなわけで、今後ともなにとぞよろしくお願いいたします~!

写真は先週末の関西DJツアー時にレコードバッグに忍ばせていた2枚の7インチ。左は雪村いづみのアルバム『スーパー・ジェネレイション』からのシングルカット『東京ブギウギ』(服部良一の昭和歌謡クラシックをキャラメル・ママがファンキーにアレンジ)、右は坂本スミ子『オー・ラ・ラ・オーサカ』(ポール・モーリア作曲のディスコ歌謡)ジャケの雰囲気がそれぞれの土地柄を反映しててたまりません。

  cohynm1

Posted by

DJやライターなど。 ユニバーサルミュージックより和モノ新解釈 昭和歌謡公式DJ MIX CD『ヤバ歌謡』発売中。 オールドスクールなアニソンを7インチにこだわりレアグルーヴ解釈でMIXする“まんがジョッキー”、Michelle Sorry a.k.a ミッツィー申し訳氏とのコンビによるアナログ専門B2Bユニット “Do The Negative Thinking!!!”も展中。  http://www.universal-music.co.jp/dj-fukutake

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BLOODY SUMMER TOUR 89年

BS89

BLOODY SUMMERはLIP CREAMのツアー名。この89年は大阪のOUTOと回ったモノでデザインはOUTOのジャケット デザインもしてるTom。

SOBがサポートしたNapalm Death初来日、Death Sideと鉄アレーのBURNING SPRITE、そしてBLOOODY SUMMERの3つのツアーの初日を川崎クラブチッタでやって当時人気のあったバンドが集まってて凄い豪華だった。
このツアーのあとLIP CREAMもOUTOも翌年までに相次いで解散してしまう。このTシャツのゴワゴワ感は半端ない。

LIP CREAM

 元Dead Cops、元Comesのメンバーがやってた80'sの東京のハードコアバンド。Voのジャジャも格好良くて良く見に行っていた。

OUTO

 80'sの大阪のバンド、初期のノイズコアぽいのもカッコイイけどもカツミ加入後のハードロックがかったハードコアが最高。
たまに東京にもツアーで来てた。

Posted by

絵描き、ハードコアとネコとイヌが好き。 http://www.koichirotakagi.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

つぶや句②

co02

 秋津波 まりも避難も 全解除

秋が怒濤のようにやってきて、夏の間冷蔵庫に入れて避難させていたペットの巨大まりも(ソフトボール大)も 外に出しました。阿寒湖出身のまりも、暑いとダメみたいなんです。 (ほんと、冷蔵庫で邪魔者だった)

Posted by

うるし漫画家。「金継ぎ部」部長としても活動。 http://michihiro.holy.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Presented by

HOUYHNHNM

© Rhino Inc.

TOP