co.houyhnhnm.jp
CHOKKAKU SHIBUYA OFFICIAL WEB

GLOOM

Šî–{ CMYK
構想3年、アイデアの段階はキャッキャと全プレ付録つけたいね!とか、本の角はRつけて丸くしようとか、帯は透明の赤ステッカー使用が良いとか、バカなことばかり話ながら作品の写真を撮りためていた楽しい時間はあっという間に過ぎてしまって。作業に入った去年くらいからは予算がぁーとか、時間がぁーとか、宣伝うぉーとか現実的なことばかりになってきて、本を作るのってこんなに大変なんだぁーって思い知らされた1年。辛くも楽しい作業も終わり、やっと出版でーす。

簡単に言って"GLOOM"という作品集です。

アメリカでハードコアのショウばかり行っていた頃の作品から
日本に帰って来てハードコアのショウを立って観てるだけで疲れてしまう現在までの作品がズラリと一挙の載ってます。

高木耕一郎の作品集"GLOOM"
主婦の友社より¥3024(税込み)だよ。


本当は5月15日発売だけど、原宿のGALLERY TARGETでは4月17日から先行発売しますよ。しかもTARGET では作品集ご購入の先着50名に手刷りトートバッグをプレセント!

5月15日からはアマゾンとかでも買えるらしいよ。

そして出版を記念した展示が東京はGALLERY TARGET、大阪はDMO ARTSで開催されますよ。

-------------------------------

ggg
GALLERY TARGET
期間

2015年4月17日 - 5月2日
営業時間
月-土 ( 日祝日は休み)
12:00 - 19:00
レセプション パーティー

4月17日(金) 19時 - 21時

作品集ご購入の先着50名に手刷りトートバッグをプレセント

GALLERY TARGET
東京都渋谷区神宮前 2-32-10
TEL: 03-3402-4575
http://gallery-target.com/

----------------------------

SentLightxxx
DMO ARTS

期間
2015年5月27日 - 6月9日
営業時間
月 - 日(休まず営業)
10:00 - 21:00

レセプション パーティー

5月30日(土)  18時 - 21時(たぶん)

レセプションパーティーで作品集をご購入の先着20名に手刷りトートバッグをプレゼント。


DMO ARTS
大阪市北区梅田3-1-3
LUCUA 1100 B1F
TEL 06-6450-8187
http://www.dmoarts.com/

この作品集のタイトルGLOOMは、作品のイメージからつけたから関係あるかないかで言ったらないけども、大阪にボクの大好きなクラストコアのバンドGLOOMっているよ。もう解散してるけど大阪のGLOOMもドラマチックなノイズがとてもカッコ良いから聞いてみて!

ということで今回は宣伝です。

Posted by

絵描き、ハードコアとネコとイヌが好き。 http://www.koichirotakagi.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OVER THE TOP TOUR

もうじき春だと思うと逆に寒さが辛いよねっていうことで、公園でスケボーする気もしないから、久々にレコード屋ツアーに行こうと友人に誘われた。
新宿からスタートで高円寺、吉祥寺とまわって、最後は下北沢で懐かしの珉亭でラーメンとチャーハンでビールを飲もうといルート。

とりあえず昼くらいに新宿のディスク ユニオンに集合してレコード棚をチェック。長い1日の最初の店で買ってしまうのも後々大変だから眺めるだけにして久々に西新宿のレコード屋街に。

中学校からの同級生でずっと一緒にレコード屋まわりしてた友人となので西新宿なんて行くと思い出話しか出てこない。

ALLMANがここにあったよねぇー。

新宿レコードでレコードの底が破れるから丁寧に扱えって怒られたりしたけど、おばさんってまだ生きてるのかなぁ?

Vinylってここにあってあっちに移って、まだそこにあるんだぁーとか。

海外のバンドが自分たちの海賊版のLiveビデオを買うでおなじみだったエアーズ。今の時代Youtubeで観れるけど何を売ってるのかねぇ?

あっちの公園のトコにUKエジソンあったねぇーとか。

とにかくUK エジソンには色々と思い出が多い。

初期のGuazeとかのハードコア ヒーロー達の生写真がなぜか一時期充実してて、原宿の駅前にあったテント村で売ってたアイドルの生写真みたいでなんか変なのーって思たり。

店のスタンプカード、けっこう当たりハズレがあって。カードの裏側がバンド写真だったけど、とんでもなくハズレのビジュアル系バンドのだとなんかサイフに入れて持ってるのも恥ずかしかったり。

ナパームデスの初来日記念で1stと2ndアルバム買うとTシャツ貰えたんだけど。1stも2ndもすでに持ってたからTシャツだけどうにか買えないかって聞いてみて断られてみたり。

ある日突然変な外国人の店員がいるとおもったら、日本に来たHeresyのカルヴがバイトしてたり。

そして中学生の時にはじめてハードコアのTシャツ買ったのもUK エジソンでだった。そのTシャツが、このOVER THE TOP  TOURのTシャツ。
OverTheTop

これは大阪のOUTOとS.O.B.のツアーTシャツ。またこのバンド?って感じだけどこの頃はとにかく大好きだったから兄弟で分担してレコードかったりビデオとか色々と買っていたから。このTシャツもたぶん兄に”これカッコいいから買ったらいいよ!”ってそそのかされて買ったんだと思う。

UK エジソンはハードコアのTシャツの品揃えが良かったから他にもOUTOやSWANKYSのTシャツ買ったりしたなぁ。
UK エジソンも途中からヴィジュアル系のライカ エジソンになって最終的にどうなったんだか知らないけど、もうないと思う。

 S.O.B.

OUTO

Posted by

絵描き、ハードコアとネコとイヌが好き。 http://www.koichirotakagi.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IRON CROSS

90年代になってパンクが必要以上に興盛したアノ時代、多くのバンドが生まれ、多くの素晴らしいバンドの情報が発信された。レーベルも多かったから埋もれてたバンドが表に出てきてレコードまで出せたから、クソもたくさんあったけども、素晴らしいバンドをたくさん知れた、ショウもたくさん見れたし、巨大に発展したシーンの中で新しく交配して生まれた音も出てきたり、活気もあって楽しかったなぁ。

だけどあの時代は新しいバンドばかりが活躍したわけではなくて昔のバンドもたくさんリユニオンした。
80年代も盛り上がってたから不遇の時代ってわけでもないと思うけど、90年代のとは違って流通も悪い、インターネットもなくてローカルシーンどうしの文通での交流では世界的ヒットなんて考えられない時代のバンド。良い時代になったし俺らも混ぜてよって感じで、レコードでしか聴けなかったあんなバンドやこんなバンドが再結成してくれたから色々と見る事ができた。

Verbal Abuse、Decry、murder Junkies、復活してすぐのDwavesとか変わらずカッコいいもんだって感じだったけど、Gang Greenとかはヴォーカルが思ってたより小さくてお爺さんになりかけなくらいに老けてたり、CH3も老けて太ったなぁーって感じだけど見れて嬉しかった。

他にもたくさんのバンドの復活に喜んだけども、IRON CROSSはホントにビックリ、まさかの復活!

このTシャツもその時に買ったもの。

IronCross

Minor ThreatでおなじみのワシントンDCのDISCHORD Recordからレコード出してる伝説的スキンズ バンド。シングルなんて買えるわけもなくFLEX YOUR HEADとかでしか聴けなかった。これは観たいなぁーってCBGBに行ったら、みんな思うことは同じで超満員。
ステージにまずはバックのメンバーが出てきて、ぱっと見た感じ昔のメンバーはMark / guitarとWendel /bassかなぁーとか思ってたら演奏が始まったけど、まだヴォーカルいない。

あれ?誰か出てきた!

ん?

んん??
んんんー男の子???

薄らヒゲが生えた田舎臭い10代後半の子が!
だれ? アナタ誰なの?
CBGBの誰もが思った感想。

演奏始まってるのに店内がザワザワして落ち着きなくてしまう。
違う!ヴォーカル違う!まさかのSabじゃない!


絶対にアンタら自分の子供出してきただろう!
なんか半端に太ってるし、格好もダサイし、慣れてないステージングが痛々しくて観てるコッチが恥ずかしくなるような感じ。

最初はみんな、どうしたもんだろう?
そんな様子だったけど、その内にワサワサと盛り上がり始めた。

そして最後はやっぱり世界的に有名なあの曲、Crucified For Your Sinsだよね!イントロで、すでにダイヴとモッシュでぐちゃぐちゃ!!!

ってなるはずが、あれ?

遅い、曲が遅い。
そうなの、オリジナルのIRON CROSSのCrucified は遅いのだ。
そんなことは当然みんな知ってる、だけどNYだしAGNOSTIC FRONTがカバーするCrucified に慣れ過ぎてるから、想像以上に遅くてみんな上手く音に乗れない。
なんとも不完全燃焼なショウでした。

IRON CROSS / Crucified For Your Sins


AGNOSTIC FRONT / Crucified For Your Sins

 

Posted by

絵描き、ハードコアとネコとイヌが好き。 http://www.koichirotakagi.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

The Undisputed Heavyweight Champions

 

Guardian
San Franciscoでショウをみようと思うとSF WeeklyやGuardianなどのフリーペーパーにバーやコンサートホールの広告が載っていてショウの情報が得られる。


住んでた時もう21歳過ぎてたからオール エイジじゃなくてもBarだろうとどこでもショウを観に行けたから、近所にあったAmerican Music Hall、North BeachのCocodrieやPurple Onion、Pork St.のKIMOS、11th st.にあるParadise LoungeやSlim's、とんでもない町外れのBottom of The Hillとか色々と行ってた。

だけど一番行ったのはFolsom St.にあったCW Saloon。
しょっちゅうPUNKのショウやってて課題で忙しい週に限っていいバンドがまとまって来たりして、無理やり週3とか行ったりしてた。けど入るのたったの$3~5で、ビールもチップ込み$3とかで安かった。

そんなCW SaloonにオレゴンからPOISON IDEAが!

もう2000年くらいだったからギターリストのPig Championは辞めちゃってたけど、とりあえず見にいくことに。行ったらPig Championはやっぱりいなかったけどもシアトルからとんでもないチャンピオンを連れてきていた!



それがThe Undisputed Heavyweight Champions!!!



ホントにビックリ!これがハードコアだ!これこれ聞きたいのはこれだ!って。Verbal Abuse meets 76%Uncertainな感じ?違うかな。けどアメリカのハードコアってこれだよね!思わず金もないのにTシャツもCDも買っちゃった。

それがこのダサイTシャツ。

udphwc

Tシャツはホントにどうでも良いデザインで、しかもボディも黄色っていう。
なんも考えないから作れるようなどうでも良さ。

ホントなんで無名なの?って思って家に帰って検索してみて納得。インターネットで簡単に発信できる時代にサイトもなければ情報もかなり少ない。良くSan Franciscoまでわざわざ 来たよねっていう感じのローカル バンド。そういう地味さがTシャツからもビシビシ伝わってくる。



R-4308778-1361353805-8631
多くの無名バンドをスケートボードの利益で出しまくってたBEER CITYからアルバムも出てて、他にも何枚か出してるよ。だまされたと思ってyoutubeで確認して!って言いたいけど音源はライブの半分も迫力が出てないからイマジネーション広げて聴いてみて!


The Undisputed Heavyweight Champions

Posted by

絵描き、ハードコアとネコとイヌが好き。 http://www.koichirotakagi.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ACID


Acid22              Shock Troop / 1st Album                 Gray Earth / 2nd Album

大昔に Selfish Recordから販売されたACIDの1st、2ndのデットストックが大量にディスクユニオンで定価で売られたことが数年前にあったよねーなんてことをギャラリーで友人とACID聴きながら話したりしてて、そういえばACIDのTシャツってないよねって話になった。

アパレル ブラントやっている友人だったのでTシャツ作りなよー、オフィシャルで作って販売してよーとかビール飲みながら楽しく妄想を膨らませてた。けど作るならどんなのが良いかね?SHOCK TROOPもGRAY EARTHのジャケットもカッコイイよね!とか話してた。

そんな時に、アンジェラ アキのピラミッドとともアーティスト HAROSHIから伝授された、ムリ目なことも人に話していると最初バカにされるけど現実になるんですよって言葉を思い出した。

そうだ!今がその時だ。

さっそく高円寺のBOY Recordの壁に張ってあるイラストがカッコイイんだよ!って話を。

このイラストはハードコアのジャケットも数多く描いてる有名なSUGI氏が描いたもので、あまりにACIDがカッコ良過ぎて勝手に描いて渡したというモノらしい。いつから張ってあったかは記憶にないけども、高校生の頃には同級生とスゲェーカッコイイよね、あれでTシャツ欲しいとよく話してた。

あれだ!あれで作ってよ、絶対買う!というと友人もあれ良いですね!なんて盛り上がったけど酒の肴に話したことなんで、どうなるわけでもないと思ってた。

後日また友人に会うと、彼は実際に作ろうと思ってイラストのあるBOYに色々と準備して企画を説明しに行っていた。

断られるの覚悟して話し始めてすぐに、BOYの店員さんからまさかの言葉が!

なんか近々Blood Sucker Recordから出るらしいよ。

えー!っといって友人はズッコけたらしいけど、言ったことちゃんと現実になったよ、ありがとうHaroshi!

これがそのACIDのTシャツ!!!
acid01

ACID はクラストコアなんて言葉もないような時にノイジーなクラスト サウンドをやっていた東京のバンドでセンスよくズタボロンを着こなしていた。それもそのはずVo.のKuroちゃんは文化服装だから。友達の話だとKuroちゃんの革ジャンの改造具合が凄すぎて、Black Meansの人も驚いた程らしい。

そんな彼らのショウは格好だけでなく音楽も最高!しかも登場からしてカッコイイのだ。メンバーがパラパラとステージに現れると1stアルバム"Shock Troop "と同じくラジオの開戦放送と空襲警報のSEが流れ一曲目のEmperor Shitが始まる。イントロ部分だけで鳥肌が立つ程にカッコイイからまずは聴いてみよう。

 
同じくACID大好きな兄のご贔屓のレコード屋はBOYよりも三茶のフジヤマだったからか全くこの絵には思い入れがないらしくTシャツにも興味ないらしいが、このTシャツがきっかけでACIDが復活GIGとかやってくれないかと期待しています。酔っぱらった時の友達のACIDのモノマネじゃなくて、また本物が見たいなぁー!これも現実になるといいなぁ。

 

Posted by

絵描き、ハードコアとネコとイヌが好き。 http://www.koichirotakagi.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Napalm Death & S.O.B. ジャパン ツアー 89年

ND01

グラインドコアの代名詞ナパーム デスの89年の初来日ツアーは川崎クラブ チッタから始まった。これがOUTOのジャケットのイラストでおなじみのTomが描いたジャパン ツアーTシャツ。なぜかボクは絶対着ない長袖Tシャツの方を買ってしまったので、この半袖Tシャツは友達が結婚するんでモノを減らすから言ってくれたモノ。

ナパーム デスはメタル過ぎて大好きなバンドっていうわけではなかったけども、このツアーはSELFISH Recoedが主催だったのでツアーを一緒にまわるS.O.B.をはじめOUTO, LIP CREAM, DEATH SIDE, GAUZE, FINAL BOMBS, POISON ARTSなど当時の人気あったSELFISHのバンドが集まったショウで楽しかった。記憶にないけどMAD CONFLAX, CRUCK, ACID, DONDONとかも出てたんだなー。BOREDOMS, NIGHTMAREはたぶん大阪で出たんじゃないかな?出ててたら覚えてそう。

ND02


この時のナパーム デスはリー、ビル、ミック、シェーンのアルバムFrom Enslavement To Obliterationのメンバーで来日、まだハードコア シーンにいた最後のラインナップ。ジャパンツアー後しばらくしてリーとビルは抜けてしまってバンドはメタル化が加速、リーはCathedralを結成、ビルはCARCASSに専念していく。
From_Enslavement_to_Obliteration                       NAPALM DEATH / From Enslavement To Obliteration

ナパームデスに影響を与えたはずのS.O.B.もこの頃には逆にグラインドコアに影響受けて、重さをました音とダミ声に変わってきていて、なんかグラインドコアにならない方が唯一無二の音で個性的だったのになぁーって思いもあって悲しい変化だった。S.O.B.は大阪のバンドだからしょっちゅう見てたわけではないけれど、段々と変わったっていうよりは音も格好も89年ぐらいに急激に変わった印象がある。翌年にでたアルバムWhat's The Truth? はブラストビートとメタリックな音に失望して一気にS.O.B.から興味を失っていった。今聴くとあのS.O.B.とは別物と思えばそんなに嫌いでもないかも、だけどLook Like Devil IIは聴くと悲しくなる。

sob-truth-572x572                                  S.O.B. / What's The Truth?

 

SOBはこの頃がぜったいカッコイイ

Posted by

絵描き、ハードコアとネコとイヌが好き。 http://www.koichirotakagi.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NY THRASH 20th ANNIVERSARY 2DAYS PUNK FEST

R-2003685-1395314149-4138.jpeg
 NYパンクがハードコアに変わり始めた過渡期に活動したバンドを集めたNew York THRASHっていうカセット オムニバス、それに参加したバンドを発売から20年後の2002年にCBGBに集めて2日間行われたのが NY THRASH 20th ANNIVERSARY 2 DAYS PUNK FESTそこで販売されたのがこのTシャツ。
NYTRASH
そのうちにバリバリと割れてきそうなラバーインクの印刷、厚めのTシャツは着やすそうだけども、フライヤーのどうでも良いデザインを刷っただけだから着たことない。

 ライブはEVEN WORSEのJack Rabid が中心になったらしく彼の主催者挨拶で始まった。出演したバンドはNIHILISTICS, ADRENALIN O.D. MISGUIDED, The MOB, FALSE PROPHETS, EVEN WORSE。そして両日ともにメインアクトはCRO-MAGSのギターリストでもあったDoug HollandがいるKRAUT。

 NIHIRISTICSやFALSE PROPHETSみたいにたまに見れるバンドもいれば、MOBやADRENALIN O.D. の年取って体型も変わって勢いないなぁーって感じで哀愁たっぷりなバンドもいたり、EVEN WORSEの変わらないカッコ良さに驚いたり。そしてKRAUTにはホントに驚いた。レコードだと曲はわりと速いけどシンプルなパンクロックだなって印象だったけど、このショウの時はクロマグスを通過した後だからか重みも増しててブレイクダウンとか入るんじゃないっていう感じのSICK OF IT ALLみたいなNYハードコアになってた。それに4人ともレコード当時から変わらない容姿とステージングは素晴らしく格好良かった。

 どうでも良い話だと”私のお父さんカッコいいでしょう”っと中学生くらいの女の子がDougを指差して話しかけてきたので、親子の仲も良いみたい。

KRUAT  1982年



KRAUT 2002年

 

Posted by

絵描き、ハードコアとネコとイヌが好き。 http://www.koichirotakagi.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Masami追悼GIGのTシャツ

日本のハードコア レジェンドって誰?って100人に質問したら間違いなく100人が答えるかもしれないのがグールのマサミ。当時中学生の僕らには芸能人以上に別次元の存在で普通に呼び捨てにしてしまてるけど雰囲気が尋常じゃなく怖かった。レコードでは聴いてたけども世代的にグールのライブ見たことないんだけどライブハウスにいるのは良く見ててカセット オムニバスアルバムのThe PUNXでみた革ジャン着てた。

89年に倒れて、その時もベネフィット ライブやってブルーハーツとかXとか出たりしてたけども、惜しまれつつ92年に亡くなってしまった。そしてマサミ追悼GIGに行くと貰えたのがピンバッチとこのTシャツ。
masami01
masamiu02

新宿Antiknockで5日間マサミと縁のある色んなバンドが出演して、パンクバンドもいれば良くわからないバンドもいてマサミのパンクだけでは語れない音楽性が現れてたのかも。

ボクは92年当時解散しちゃって観れずにいたGASTUNKが追悼GIGの為に再結成した1日目を観に行った。当然ベースはベイビーじゃなくて、バキが初期にヴォーカルだった縁なのかLIP CREAMのナオトがヘルプでベースしてて、ドラムもPAZZじゃなくてMATSUMURAだった。
Tシャツのデザインはチケットと同じだったけど、今初めて知ったけどfree drinkって書いてある、飲み放題だったんだ!着心地は柔らかくて意外と良い。


1222200953558pm11_1  マサミの革ジャンの背中にこの鎌持った骸骨が描いてあった。

GOUL


GASTUNK

 

 

Posted by

絵描き、ハードコアとネコとイヌが好き。 http://www.koichirotakagi.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CONCRETE SOX Japan Tour 92年

CS02
前年に大阪のNightmareとSplit 7"出してるから、その縁でツアーに来たのかな?良くわからないけども CONCRETE SOXの92年にあったJapan Tour Tシャツ。
来日直前にヴォーカルが抜けてしまうという大問題が発生したけどもベースがヴォーカルも兼ねる3人編成で来日だった。ヴォーカルいないのってどうなんだろう?って思ってたけど、3人でも十分にカッコ良かった。

新宿のAntiknockに見に行って買ったんだったかなぁ? 行くと全プレで貰えたんだった気がするなぁ。このTシャツも着心地はかなり悪いけども、それもなんかチープで良い感じ。
久しぶりにTシャツみてみたら、このツアーはBurning Spiritsで呼んでたんだ。ってことは対バンは鉄アレーだったんだろうな。

CS01
CONCRETE SOXはクラストコアだけど音はかなりスラッシュメタルよりでイギリスぽい陰鬱な影のある曲と乾いたザクザクしたギターの音が格好良くてUKのクラストの中でも大好きなバンドの一つ。
このツアーは後にLive アルバムにもなってますよ。

       CONCRETE SOX / Japan Tour 92 Live Albam
R-2656104-1304886873.jpeg


Posted by

絵描き、ハードコアとネコとイヌが好き。 http://www.koichirotakagi.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MIDNIGHT

メタルは門外漢であんまり知らないけどもハードコア好きからも猛烈に支持されてるオハイオ州クリーブランドのブラック サタニック メタルMIDNIGHTのTシャツだよ。
midnight2
メタルとはいえクリアな音ではなく、ザラザラとラフでモータヘッドを思わせる重い疾走感もある、そしてMentorsを彷彿させる覆面と荒らしいステージングがカッコイイ。最近Newアルバムも出たよ。
                         MIDNIGHT - No Mercy For Mayhem
411531

Midnight

 

 

 

Posted by

絵描き、ハードコアとネコとイヌが好き。 http://www.koichirotakagi.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Presented by

HOUYHNHNM

© Rhino Inc.

TOP