co.houyhnhnm.jp
CHOKKAKU SHIBUYA OFFICIAL WEB

LOS CRUDOS

今回は90年代のハードコアで語らずには終われないイリノイ州シカゴのバンド、LOS CRUDOSSpeak English or Dieなアメリカの中でラティノのバックグランドをもろに出したスペイン語の歌詞!なのになのに圧倒的な支持と人気、そして世界中でも愛されてた。彼らがスペイン語で訴えるポリティカルな歌詞の意味なんか分からなくても、つんのめりそうな勢いの激しい音と甲高いヴォーカルから彼らの怒りや切実さが自然と伝わってくる。
CRUDOS01


どちらもわりと最近手に入れたモノ、たぶん今でも全然手に入るよ。


Los Crudos

Posted by

絵描き、ハードコアとネコとイヌが好き。 http://www.koichirotakagi.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Speed Wolf

出会いは偶然?必然?
4年前のある日、友達の誕生日プレゼントを求めて高円寺のBOYに行ったらアメリカでよくみてたケンタッキーのHOOKERSの新しいSplit 7inchが売ってて大喜びで購入。

                 HOOKERS / SPEED WOLF split 7inch
Speedwolf - The Hookers

帰って聴いてみたら、もう1つのバンドSpeed Wolf のかっこ良さったら!!! MortorheadとVenomが混ざったようなメタルコア、わぁーカッコイイってなって調べてみたらmyspaceでDENVER666のTシャツが売ってるじゃない。これは買わないとってメールしたらXLしかないけどペンタグラムのならサイズあるよっていうんで即購入。
asp
そんなこんなしてたらアルバム出ますよってことで、アルバムを頼むついでに2枚目のこのTシャツも通販。
これはデモテープBark At The PoonのTシャツ。
沈み込んだインクの感じ、白ボディに黒のみの印刷、サタニックなモチーフとどうでも良いオオカミ男の絵が最高にパンクだよね。
SWW
一緒に買ったアルバムの方はなんか前よりも全体的に少しキッチリカッチリして音もクリアなっちゃってたからTシャツみたいにもっとシンプルでチープな感じだと良かったのになぁ。


Speed Wolf


コロラド州デンバーのメタルコア バンド。

Posted by

絵描き、ハードコアとネコとイヌが好き。 http://www.koichirotakagi.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Triple Cross Counter Tour 89

FullSizeRenderだれも意味が分からなくて興味がなくても毎週上げ続けることに意味がある、今回はこれ。TRIPLE CROSS COUNTER は89年に出た5バンド収録のオムニバス 7 inchで、このTシャツは7inch発売に合わせてやったツアーTシャツ。

これがレコード
degen+erik+blog

TRIPLE CROSS COUNTER TOURは偶然に観れた感じ。その日はSOBが大阪からツアーで来てるらしいというボンヤリ情報で新宿ANTIKNOCKに見に行ったらSOBが来るというのは完全なデマでこのツアーやってた。

BASTARD、CRUCK、MAD CONFLUX、BAD SMELL、PILE DRIVERなど参加バンドは東京や神奈川のバンドが多いから、当時よく見てたバンドばかり。なぜか安い7inchを買わずに、レコードより少しは高いであろうTシャツを買って帰って来たのなんでだろう?

BASTARD

広島のGUDONの自虐が東京で新しくバンドを組んだから凄い楽しみにしてたけど、GUDONが好き過ぎて当時はあんまりピンとこなかったけど黒くて重い感じが新しい感じがした。海外でも絶大な人気を誇るバンド。

CRUCK

EXTINCT GOVERNMENTのリッキーくんがベース弾いてたバンド。当時もだけど今聞いてもCRUCKはなんか粘っこい感じの歌が独特でカッコいいと思う。

MAD CONFLUX

レビューとかみるとたしかに音は疾走感あってHeresyとかRip Cordぽいとか納得だけど、そういう健全さあったかなぁーっていう横須賀っぽいなんか怖かったバンド。ある日、消毒ギグを見に行ったらGUAZEのシンくんがMAD CONFLUXのVo.が事故で亡くなったんだって言ってショックだった。

PILE DRIVER

横須賀じゃなくて横浜のバンド!らしい、とにかく曲がかっこ良くてみんな大暴れできるし、Voも格好良い。スペイン語の歌もあるしヒスパニック系なのかな。2度目にノイズテラーが来日した時にBASTARDとセッションでやったカバーはノイズテラーよりも格好良くて後からやるのに不憫だった。

BAD SMELL

全く記憶になくて見たことあるのか良くわからない。音聞くとカッコいいから見てたら覚えていそうな気もするからあんまり見たことないのかも。たぶん横須賀みたい。

Posted by

絵描き、ハードコアとネコとイヌが好き。 http://www.koichirotakagi.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ANTISEEN / Confederacy of Scum Supershow 2001

Antiseenの活躍で全世界的に知られるようになったConfederacy of Scum、そのバンドが年に1度集う凄いフェス、それがConfederacy of Scum Supershow。そしてその時に買ったのがこのAntiseenのTシャツ。
antiseen
ボクが見に行った2001年はテキサス州オースチンのEMOSで2日間だったかな?やったんだけど出演はAntiseen, Tunnel Rats, Hellstomper, Cocknoose, Rancid Vat, Hammerlock, Before I Hang, Limecellなんかの有名どころに加え、テキサスだからなのか毛色の違うLower Class Bratsなんかも出てた。他にもいっぱい出てたけど全く覚えてない。
このTシャツのデザインはテキサスロングホーン、これはフェス開催地のテキサス大学オースチン校のフットボールチームのロゴとカラー(オレンジ)を拝借したらしい。なのでアメリカでこのシャツを着てるとテキサス大学なのか?俺もだよ!という面倒臭いことも。

オマケでこれも同じくConfederacy of Scum Supershowで買ったCocknooseのキャップ、間違いなくそこでしか買えないレアなモノ。全世界に広まったCOS バンドとはいえ普通にはやっぱりマイナー過ぎであんまり自慢する相手がいない。
cocknoose

Antiseen / Funk U

Antiseenはノースキャロライナの昭和外国レスラーmeetsパンクロックなバンド。ブルザーブロディーやテリーファンク、ブッチャー、ルーテーズなんかがバンドやってる感じ。音もカッコイイんだけども、見どころは彼らのステージング。プロレス好きらしく、音楽に合わせて鉄条網巻いたバットで自分の額を叩きまくったり、画鋲ばらまいたテーブルにアンプの上からボディープレスで破壊したりで血みどろのデスマッチのようでカッコイイ。サンフランシスコにもたまに来てて、僕ら日本人をみつけると馬場!ジャイアント馬場ー!!!とステージで絶叫してたのを思い出す。

Cocknoose / Need A Gun

Cocknoose
アメリカのヘソ、カンサス州のバンド。
南軍旗がよく似合うバリバリ田舎臭く男臭いパンク、曲によっては速いのもあるよ、カッコイイよ!

Posted by

絵描き、ハードコアとネコとイヌが好き。 http://www.koichirotakagi.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amdi Petersens Arme

  amdi01

2000年あたりに登場したメチャクチャかっこ良 くてメチャクチャ人気もあったデンマークのAmdi Petersens Arme
バンドの名前はデンマークのカルト教団のリーダーの名前からとったらしいよ。音はMinor Threatを彷彿される、つんのめりそうな勢いのraw hardcore punk!

このTシャツは”Blod Ser Mere Virkligt Pa Da Film” 7inchのジャケットでも着てるヤツ。音を見事に表現したようなヒリヒリした緊張感が伝わるこのT シャツのデザインは最高にカッコいい。 ボクは2002か3年くらいにHavoc Recordからメールオーダーで手に入れた、長いこと売ってたけどさすがに今はもう在庫はないみたい。ペラペラ過ぎず、ピッタリしたサイズ感は着心地も良い。

Amdi Petersens Arme

Posted by

絵描き、ハードコアとネコとイヌが好き。 http://www.koichirotakagi.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BLOODY SUMMER TOUR 89年

BS89

BLOODY SUMMERはLIP CREAMのツアー名。この89年は大阪のOUTOと回ったモノでデザインはOUTOのジャケット デザインもしてるTom。

SOBがサポートしたNapalm Death初来日、Death Sideと鉄アレーのBURNING SPRITE、そしてBLOOODY SUMMERの3つのツアーの初日を川崎クラブチッタでやって当時人気のあったバンドが集まってて凄い豪華だった。
このツアーのあとLIP CREAMもOUTOも翌年までに相次いで解散してしまう。このTシャツのゴワゴワ感は半端ない。

LIP CREAM

 元Dead Cops、元Comesのメンバーがやってた80'sの東京のハードコアバンド。Voのジャジャも格好良くて良く見に行っていた。

OUTO

 80'sの大阪のバンド、初期のノイズコアぽいのもカッコイイけどもカツミ加入後のハードロックがかったハードコアが最高。
たまに東京にもツアーで来てた。

Posted by

絵描き、ハードコアとネコとイヌが好き。 http://www.koichirotakagi.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Corrosion of Conformity

こんにちはー!

好きなだけ何でも自慢して良いようってことなのでバンドのTシャツを見せていこうと思います。

記念すべき!枚目はCorrosion Of Conformity!!!

coc 

このCorrosion Of ConformityのTシャツは88年にでたComplete Death LiveのビデオでSystematic DeathのドラムとS.O.B.のギターが色違いだけど着てて欲しいってなって買ったモノ。原宿のダブルデッカーで買ったんだけど中2くらいでお金もなかったから6月9日のロックの日に半額とかで買ったんだと思う。テラテラ具合が最高にカッコいい。

Corrosion Of Conformity

ノース キャロライナの80's Us Hard Coreバンド。初期からブラック・サバス臭をはなっていたがオーソドックスなハードコアからクロスオーバーを経てストーナー・ロックに。これは黄金期のクロスオーバ時代。

 

 

 

Posted by

絵描き、ハードコアとネコとイヌが好き。 http://www.koichirotakagi.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Presented by

HOUYHNHNM

© Rhino Inc.

TOP