co.houyhnhnm.jp
CHOKKAKU SHIBUYA OFFICIAL WEB

cohouyhnhnm06

『ロゼット本』制作日記008

世界中のロゼット文化を伝える書籍「ロゼット(仮)」の制作は牛歩的に進んでおります!

前回のコラムでお伝えしたとおり、編集の谷水さんが電卓を叩いてくれたおかげでページの増量が決定!本誌の紙も決ったので束見本(本のサンプル)を発注してもらいましたー。

そして私ことWHYTROPHYの高澤は、ロゼットを求めてアメリカにきております。フランスから帰ってきたばかりのカメラマンの関めぐみさんを半ば強制的に飛行機に乗せて、やってきたのはアメリカ南部のとある街。この地域の歴史的な記念物を集めたミュージアムに眠っていたロゼットは、なんと椰子で作られたものでした。

cohouyhnhnm05

↑これはロゼットの原形になった装飾。ここから進化して胸章になった。

戦時中にいろいろなものが作られ、故郷への想いを胸に付けて遠征に出かけていたそう。希望と不安抱きながらもファッションが拠り所として伝播していったのは興味深いお話。誉れなカタチであるがために、棄てれていくロゼットには少し悲しい物語が秘められているのです…

そんな椰子の樹や松ボックリで作られたロゼットの話が読めるのは書籍「ロゼット(仮)」だけ!WHYTROPHYのロゼットに興味があるひとも、自分で作っているひとにもお薦めな内容になっております!

 

次は最先端のロゼットを求めて、極寒のNYへ行ってきまーす。

 

この「ロゼット」制作日記が時系列で読めるよ!

 書籍についてのご意見ご希望を送って頂きありがとうございました!まだまだ募集しているので、CONTACTをクリックしてメールをお送りください。抽選で3名様にこの本とロゼットをセットにしてプレゼントします!!!

Posted by

ライター。WHYTROPHYの考える担当。一緒のミズホは作る担当。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Presented by

HOUYHNHNM

© Rhino Inc.

TOP