co.houyhnhnm.jp
CHOKKAKU SHIBUYA OFFICIAL WEB

釘煮

今年もまた釘煮の季節がやってきました。
釘煮とはイカナゴの稚魚の佃煮のことで、見た目が錆びた鉄釘のようだからそのような名前らしいです。
兵庫県の瀬戸内辺りに面した土地で作られている家庭料理で、埼玉県出身の自分は神戸出身の夫と結婚するまでその存在を知りませんでした。
存在を知ったのは、神戸の義理の母から毎年この季節になると「今年も炊きました」という手紙とともにおすそ分けが届くからです。
どうやらその土地のソウルフード的な存在であること、毎年春が来たことを実感する食べ物であることがわかりました。
が、義母から届くそれは「これ釘煮ちゃうんちゃう……」と、関西人の血は1㎖たりとも流れていない私に関西弁を使わせてしまうくらい薄味の、グレーでへなっとした、とても「錆びて曲がった釘」には見えないものでした。
これはちゃんと保存食として機能するのだろうか? という疑問もわくほどの薄味でしたし、なにより箸がすすまない……。なのである年からは、届いたタッパーの中身を全て炊きなおしてしまうことにしました。炊きなおすといっても調味液と生姜を足して煮るだけなので気楽です。
その次の年は生姜のかわりにレモンをいれることも思いつきました。これがヒットで、うちに遊びに来た松田青子嬢(兵庫県出身)に「これもう少しあるー?」とお代わりをさせるほどでした。
レモン釘煮は夫にも好評でしたが「これ、おかんに送ったったらええんちゃう?」と言い出したので仰天しました。
「……え? お義母さんにケンカ売れってこと?」と訊き返すと「? なんでケンカ売ることになるん? 『うちの味はこうですよ』って送りあうのが釘煮文化やんかー。だからこの時期の神戸のスーパーは薄いタッパーもイカナゴの隣に山積みで売ってるんやで」と呑気です。
「その文化はわかったけど、こっちじゃ生のイカナゴなんて獲れないんだからお義母さんの釘煮を炊きなおしたのバレるでしょう」と言うと「え、獲れへんの? そうなんやー」と純粋な馬鹿そのものの答えです。
馬鹿にイライラしながらも「釘煮はよその家と交換するものである。たとえ相手先が大量のその家の味の釘煮を炊いていても『これがうちの味ですねん』と押し通しておすそ分けしてなんぼである」ということがわかったのが収穫でした。
kugini
「今年も炊きました」の手紙には「少しですがどうぞ」とも添えてあり、これがぜんぜん少しではなく(15㎝×24㎝、深さ4㎝くらいのタッパーにぎっしり)、なんせ甘いので、食べつけない私の用意する食卓にのぼる回数も少なく、毎年次の年まで残るのです。別の兵庫県出身の友人も「実家から送ってもらってる釘煮のタッパーの、去年の分がなくなる前に今年のが届く」と言ってました。……が、量を訊いたらお弁当箱4つ分のうち2つはきちんと消費しているらしいので「ソウルフードってやつぁ……!」とも思います。そういえばそろそろあの甘ったるい味が、食べたい、かもしれない(でも少しでいい)。

Posted by

1979年鳩ヶ谷市生まれ。ミニコミ紙“W0B0R0”編集長。俳句の同人“傍点”所属。名前は父が好きだった『前略おふくろ様』のヒロインの名前からつけたらしいです。 http://w0b0r0.info/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サスペンダー

よく遊ぶ友人と夕飯を食べながら話をしていたら「昼間はいったステーキ屋でステーキ頼んで食べたんだけどさ」と言う。
「ああ、最近ステーキよく食べてるね、好きだね」と返したら「うん、だけど店員に『うちはハンバーグがオススメなんですけどね』って言われたんだ」
その声で、友人の今日の昼食がすっかり残念なごはんになったことがわかり、瞬時に同情の気持ちになった。

ステーキが食べたかった人に「うちはハンバーグがオススメなんですけどね」と言う、ということは
A.オススメに従いハンバーグを注文する→「本当は自分はステーキ食べたかったのに」と思いながら食べる→ハンバーグは確かに美味しいが自分のしたかったことをしなかった後悔の念が残る
B.無視してステーキを注文する→「確かに自分はこれが食べたかったけど、ハンバーグの方が美味しかったかもしれないのか」と思いながら食べる→ステーキも美味しいがこれより美味しいのかもしれないハンバーグが頭からはなれない

どちらを選んでも、悔しさで美味しさから減点しかされないのだ。
言わなくていいひとことというのはどこにでもあるもんだなあ、だからそれらにふりまわされない強い気持ち(俺は今ステーキを食うんだ!)を持って生きていかないとなあ、と思った出来事でした。

サスペンダーは関係ない 本文と関係ない サスペンダーは関係ない 本文と関係ない

みなさん美味しいお店とか載せてていいな(特に永井さんのカレー情報を参考にお店に行ってます)、と思ったので私も知って得する情報を。
サスペンダーして、上にカーディガンをはおった格好のときに、トイレにいきたくなったらこれ。
カーディガンを脱いでサスペンダー肩からはずしてズボンをおろす、なんてしてたら漏れちゃうことがままあります。
カーディガンは着たままでサスペンダーの後ろの留め金だけはずしてズボンをおろせば一瞬で脱げますよ。前をはずすと後ろにだらんと、便器にはいることもありますが、後ろをはずせばY字の部分が首に引っかかるのでちょうどよいんです。

Posted by

1979年鳩ヶ谷市生まれ。ミニコミ紙“W0B0R0”編集長。俳句の同人“傍点”所属。名前は父が好きだった『前略おふくろ様』のヒロインの名前からつけたらしいです。 http://w0b0r0.info/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロールキャベツ

飲み会で「これ美味しい! もう一こ食べよう」と手を伸ばした友人の手を「あんたそれ二こ目でしょう!」とはたいたことがあります。
料理が運ばれてきた瞬間目を光らせ、大根餅の数や切り分けられたピザの数と、飲み会の場の人数を照らし合わせているからです。
七人で飲んでいたのだがもうすぐ八人目が来る。四こで盛ってある大根餅を二皿頼んだのだ。あんたに二こ目いかれたら遅れて来る人の分がなくなる。
友人はしぶしぶながらも「あ、そうだよね」と納得してくれました。私はまだ来ぬ友人の取り皿に残った一つの大根餅を取り分けておいた。
……いやいや、遅れて来る人にはまた頼めばいいのだ。そうすれば遅れてきた人も温かい大根餅が食べられるし、二こ目が食べたかった友人も幸せ。あーなんだって自分はこんなにせこせこしてるんだろう、と次の日に思い出してはうんうん唸る。こうゆうことがよくあります。

話は変わりますが先日『着て・食べる羊展』という催しを友人と企画しました。
友人は自分の羊から毛刈りした毛を洗って紡いで毛糸にして、デザインして編んでニットの作品にして出品するという。
私は奥で、羊料理とそれに合う料理や飲み物を供する食堂をやることにしました。
その中に“ラム肉のロールキャベツ”というのがありました。ロールキャベツは普段よく作るが、合い挽き肉でです。今回はラム肉なのでそのクセを生かしたい。いつもの、合い挽き肉用の味付けだとしっくりこないので試行錯誤してなんとかラム肉に合うよう工夫しました。
味付けは決まったが、お客さんに同価格で供するにあたって「量を同じにしなければならない」という問題が出てきました。飲み会で一つ多く食べようとした友人の手をはたくような女がやる食堂で、出されたものがそもそも量が違うなんて納得できない。
そうはいっても相手はキャベツです。肉ダネはきちんとはかってわければいいとして、キャベツの葉の一枚一枚は全て違う大きさなのです。このままじゃロールキャベツの大きさの違いに気づいた客同士でケンカになってしまう。

少し考えて名案を思い付きました。キャベツの葉は大きさは違うが外側からだんだん小さくなっていっている。大きさは階段状に順番に、だんだんに、だ。
これは算数の「1から100までの数をぜんぶ足すといくつになるか?(等差級数の和)」というのを考えるときの始めの考え方を使えばいいんじゃないか。

roll02「1と100を足すと101」「2と99を足すと101」「3と98を足すと101」……「50と51を足すと101」まで「101」が「50セット」できますね、というあれだ。等差級数の和をもとめるなら最初の101に50をかけるが、私が作るのはロールキャベツだからかけ算しなくていい(「質量平等なロールキャベツ」が「16セット」できますね)。
とにかく最初に剥いたキャベツのいちばん外側の葉といちばん最後に出てくる芯にいちばん近い葉をセットにすればいいのである。二こ目のロールキャベツは外葉が少し小さくなるがそのぶん中の葉は少しだけ大きくなる。これで二枚合わせた葉の分量はいっしょです。ケンカはなしだ!
ラム薄切り肉をハンディブレンダーでミンチにし肉ダネをこねて、やっとキャベツをロールする作業にはいれたのは深夜一時をまわっていました。

0021当日起こるケンカへの懸念など誰も知る由もなく、ロールキャベツは好評のうちに売り切れました。

Posted by

1979年鳩ヶ谷市生まれ。ミニコミ紙“W0B0R0”編集長。俳句の同人“傍点”所属。名前は父が好きだった『前略おふくろ様』のヒロインの名前からつけたらしいです。 http://w0b0r0.info/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tank01

タンクローリー

タンクローリーの、銀色むきだしのやつが好きです。

自分が運転してるときならなるべく後ろにつくように車線を変更します。
ひとが運転してるときなら「あの後ろを追って!」とお願いします(そのときは「まぶしくて後ろ走るのいやだと思ったことならあるけど、あの後ろを走りたいというひともいるのか」と言われました)。
自分を乗せた車が、目の前のタンクローリーの凸面に映って、その両方がすごいスピードで前に進んでいる(タンクローリーと併走できるのはたいてい高速道路)のは、いつも不思議な感覚になって静かに興奮します。……ので、あれを気持ちわるいと思ったり運転に集中できなくていやだと思う気持ちもとてもよくわかります。

でもそれよりももっと興奮するのが!
タンクローリーの後ろに書いてある「積載内容」を見て「液糖」や「乳」であることを確認するときです。
あのタンク一杯にミルクが……シロップが……と想像するだけで自分がその中につかっているような気持ちになります。その想像の中で自分はすごくやわらかい液体にとぷんと浸り、無重力のような空間で、泳いでいるような溺れているような感覚を味わいます。
興奮で脳みそが泡立つ瞬間です。

石油や劇薬のはいった「危」と大きく書かれたタンクローリーにはまったくこの気持ちがわかないのは自分でも不思議ですが、きっと「食べ物」が「大量」に「走ってる」のがいいんだろうな、となんとなく思います。

tank02
三連休に見たタンクローリーは「内容 牛乳」と書いてあった

Posted by

1979年鳩ヶ谷市生まれ。ミニコミ紙“W0B0R0”編集長。俳句の同人“傍点”所属。名前は父が好きだった『前略おふくろ様』のヒロインの名前からつけたらしいです。 http://w0b0r0.info/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お初にお目にかかります

はじめまして。

肩書きは自分でもよくわかっておりません(webデザイナー/イラストレーター/料理番長…?)が、ここでは“ミニコミ編集長”でいかせていただければ、と思います、渡邉佳純と申します。
直角さんから「あんまりコッチサイドに絡むとイメージ的にどうかな、とかありましたら(卑屈)、ご遠慮なく、断っていただいてもかまいません!!! 傷ついたりしませんので!!!」とお誘いいただき、よくわからないまま「自分についたら困るイメージとかないもんなあ……」とぼんやり引き受けました。
引き受けてから直角さんに似顔絵を描いていただけることがわかって「引き受けてよかった!」と喜んでおります。

ここで書くのは、人に言いたいけどツイッターで言うのには長いな、というようなことになるかと思います。どうぞオミシリオキを!

 

ミニコミW0B0R0の最新号は『愛しの車』を特集しています。
ミニコミW0B0R0の最新号は『愛しの車』を特集しています。こちらもオミシリオキを!

Posted by

1979年鳩ヶ谷市生まれ。ミニコミ紙“W0B0R0”編集長。俳句の同人“傍点”所属。名前は父が好きだった『前略おふくろ様』のヒロインの名前からつけたらしいです。 http://w0b0r0.info/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Presented by

HOUYHNHNM

© Rhino Inc.

TOP